米国株(個別で高配当)

【Kohl’s Corporation】新型コロナの影響で無配になったコールズの株価・配当実績・売上高について

コールズ(Kohl's Corporation)

私が保有している米国株の中でも、1社だけ百貨店(大手アパレル)の銘柄があります。

コールズ(Kohl’s Corporation NYSE:KSS)という銘柄で、2019年までは株価は安定していましたが、2020年の新型コロナの影響で株価は一転して一気に半分になってしまう異常事態。

この記事のポイント

  • コールズ(KSS)は2020年の第1四半期は配当支払いを増配するも、第2四半期は大幅な減収の影響により、無配に転落。
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でコールズを始めとするメーシーズ(M)、ギャップ(GAP)なども配当金の支払い停止を余儀なく発表しています。

コールズ(KSS)の基本データ

会社名:Kohl’s Corporation

ティッカーコード:KSS

本社:アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 メノモニーフォールズ

設立年:1962年

業種:小売り・百貨店

従業員数:37,000

時価総額:約2,900億円

2019年の売上高:19,974,000,000ドル(約2.1兆円)

配当利回り:無配

コールズ(Kohl’s Corporation)は米国の大手百貨店を運営する企業です。

コールズ社の実店舗、ウェブサイト(オンライン)ではリーズナブルな価格でプライベートラベルと国内ブランドのアパレル、シューズ、アクセサリー、美容品、家庭用品などを販売しています。

そして2019年にはアマゾン・ドットコムと提携しており、アマゾンで購入した同社のブランドをコールズの百貨店で返品できるサービスも開始しているそうです。

コールズのライバルはメーシーズ(M)という全米で百貨店の店舗数、売上1位を誇る会社です。ただし、メーシーズはコールズに比べると店舗数の減少が激しく、業界の激化が進む中で成長の見込みは薄いかなという印象を受けています。

コールズ社が扱っているブランド

「Apt. 9」、「Croft&Barrow」、「Jumping Beans」、「SO」、「Sonoma Goods for Life」が含まれており、同社の独占的ブランドには「Food Network」、「Jennifer Lopez」、「Marc Anthony」、「Rock & Republic」、「Simply Vera Vera Wang」など。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で無配を発表

2020年の新型コロナウイルス(CODIV-19)が蔓延するまでは、両社とも株主還元として配当金を支払っていましたが、今は外出規制で来客に打撃を与え、店舗販売の売上が大きく減っています。

そのため、両社とも第1四半期は自社株買いや配当支払いの停止を発表しています。

同社以外でもアパレル・ファッション大手企業のギャップ(GAP)も減収の影響で無配を発表しています。

S&Pの信用格付け

各付け会社のスタンダード・プアーズ(S&P)ではコールズ(KSS)の債務各付けをBBB-と評価しています。

記号はAから始まり、B、C、Dと続きます。Aは最も信用度が高く、Dは信用度が低いということです。

BBB-は、上から数えて10番目の格付けで、コールズの財務には不安がありますね。個人的にはBBB+未満の企業には投資を控えたいというところです。

コールズ(KSS)の直近の決算

2020年第1四半期の決算

コールズ社の2020年の第1四半期の決算は予想よりも遥かに悪い数字となりました。外出規制でオンライン販売は24%伸びたものの、店舗販売の減少が売上に響いたようです。

  • 売上高:21.6億ドル (予想:22.1億ドル)
  • 粗利益率:17.3%(予想:32.2%)
  • EPS(1株利益):-3.20ドル (予想:-1.88ドル)

全米では5月以降、新型コロナの影響で閉鎖していた店舗数の50%が営業を再開したので、第2四半期は第1四半期よりも改善される可能性はあると思います。

コールズ(KSS)の業績

売上高・営業利益

コールズ(KSS)の売上高

コールズ(KSS)の売上は2015~2019年の間では横ばいです。

EPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

コールズ(KSS)のEPSとBPS

直近5年のEPS(1株当たりの利益)、BPS(1株あたりの純資産)は緩やかな上昇です。

キャッシュフロー

コールズ(KSS)のキャッシュフロー

コールズ社の営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローの伸びは低いです。

2019年は店舗数の減少でフリーキャッシュフローも減っています。

財務キャッシュフロー(借入金)は断続的に返済しています。

資産

コールズ(KSS)の資産

コールズ社の資産は横ばいです。2019年時点の資産は14,500万ドル(約165億円)です。

コールズ(KSS)の株価

コールズ(KSS)の株価

コールズ(KSS)の株価は17ドルと歴史的な安値を更新しています(2020年5月21日)。

直近5年ではピークの高値が80ドルでしたので、約4分の1も急落しており、投資した人は大きく資産が減ったことなります。

こうして株価のチャートを見て分かるように、サービス業は不況に大変弱いことを示しており、配当金以上に下落が目立ち、新型コロナが世の中から収束しない限りは回復の見込みが薄いです。

コールズの株価のポイント

  • 新型コロナが蔓延するまでは株価は40~50ドルを推移していましたが、外出規制で店舗の売上が減ったことで一気に株価は10~20ドルと半分以上も下落。
  • 2020年の第1四半期の決算発表で内容が予想よりも遥かに悪かったことから株価は下落しています。

コールズ(KSS)の配当実績

1株あたり配当

コールズ(KSS)の1株配当金

直近5年のコールズ社の1株あたりの年間に受領する配当金です。2019年までは綺麗な右上がりで、2020年は大きく下がる見込みです。

過去の配当実績

2020年の第1四半期では一旦増配していますが、第2四半期では新型コロナの影響で大赤字を計上してしまい、あっけなく無配を発表しています。

つまり、コールズ(KSS)の株を保有したところで配当金もクソもない状態となっています。

こちらの表では過去の配当実績となります。

  • 配当の権利落ち日は1月、4月、7月、10月。
  • 配当金の支払いは権利落ち日の翌月の2月、5月、8月、11月。

過去5年の配当実績はこちらの表となります。

1Q
(12-2月)
2Q
(3-5月)
3Q
(6-8月)
4Q
(9-11月)
年間配当
2015年 $0.45 $0.45 $0.45 $0.45 $1.80
2016年 $0.5 $0.5 $0.5 $0.5 $2.00
2017年 $0.55 $0.55 $0.55 $0.55 $2.20
2018年 $0.61 $0.61 $0.61 $0.61 $2.44
2019年 $0.67 $0.67 $0.67 $0.67 $2.68
2020年 $0.704 なし      

最後に

コールズ(KSS)は投資対象の銘柄かどうか

私は2019年秋頃、コールズ社には2口投資しましたが、平均取得単価が49ドルと今は含み損7,000円程抱えています。

この銘柄に投資してから数カ月経った今、「確実に投資をしなきゃ良かった」の一言に尽きますw

今は不況の影響を受けやすく、不安定なサービス業に投資するよりも手堅いETFか、医療関連もしくは生活必需品セクターの方が遥かに良いです。

当然、2019年の時点ではまさかリーマンショックを超えるような不況が起きることを想定していませんし、当時は高配当株だったら何でもいいやというバカな思考を持っていたので、このブログ記事を見た方には是非ともコールズ社に投資しないことをおすすめします。

同業他社との比較について

コールズ社のS&P(格付け会社)投資格付けで同業他社との比較です。

一応、同業ではコールズ社が今のところ一番安定しており、メーシーズ(M)が一番よろしくないです。

安定性 企業名 S&P格付け
1位 コールズ(KSS) BBB- (上から10番目)
2位 ギャップ(GAP) BB- (上から13番目)
3位 メーシーズ(M) B+ (上から14番目)

コールズ(KSS)を扱っているETFについて

コールズ(KSS)は日本投資家に人気のあるVOOVYMといったETFの構成銘柄の一つでもあります。

SPDR S&P 500 High Dividend ETF
人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました...

もし、あなたがVYM、VOOを保有しているのならば、気付かないうちに間接的にコールズ(KSS)に投資していることになります。

個別株株への投資リスクがある分、ETFの方が複数社に一括投資して分散投資しているため、どうしてもコールズに投資したい方はETFの方が低リスクだと思います。

本日はコールズ(KSS)について解説したブログ記事でした。

ではまた(๑•̀ㅂ•́)و✧

応援よろしくお願いします♪
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。