米国株(個別で高配当)

BHPビリトン【BHP】の銘柄紹介

BHPビリトン

お疲れ様です!!

現在、米国株に約100万円近く投資していまして、全てが米国企業を投資対象とはしていませんが、中にはアメリカのニューヨーク市場に上場しているオーストラリアの企業にも投資していることがあります。

その中でも一社、投資しているのがBHPビリトンというオーストラリアの会社で世界最大級の鉱山企業となります。

今回の記事ではBHPビリトンについて紹介させていただきます。

BHPビリトンとはどんな銘柄?

BHPグループ(BHP Group Ltd)(旧名:BHP Billiton Ltd)はグローバルな資源会社である。

【事業内容】同社は、鉄鉱石、冶金石炭、銅とウランの生産を行う。同社は石油、銅、鉄鉱及び石炭の4つの事業セグメントにより構成される。石油事業は石油・ガスの探査・開発・生産を行う。

銅事業は銅、銀、鉛、亜鉛、モリブデン、ウラン、金の採掘に従事する。鉄鉱事業は鉄鉱の採掘を行う。石炭事業は原料炭と燃料炭の採掘に従事する。同社の事業は鉱物オーストラリア、鉱物米国、石油、マーケティングを含む。同社はオーストラリアと米国における生産作業による鉱物・石油・ガスの抽出・加工を行う。同社は貨物輸送とパイプライン輸送を含むグローバル・ロジスティクス・チェーンを通じて製品の流通を管理する。

(SBI証券)

BHPビリトンは世界最大の鉱業の会社であり、ADRでニューヨーク市場に上場しているオーストラリアの会社となります。

2001年にオーストラリアの会社であるブロークンヒル・プロプライエタリー・カンパニー (BHP) とイギリスの会社で南アフリカで大規模に操業する会社であるビリトンが上場会社となることにより形成されています。

ビリトンはイギリス・オーストラリアに本拠を置くリオ・ティントや米国のアングロ・アメリカンと共に三大資源会社と呼ばれていますね。企業の時価総額ではビリトン>リオ・ティント>アングロ・アメリカンの順になります。

鉄鉱石、冶金石炭、銅とウランの生産を行い、石油、銅、鉄鉱及び石炭の4つの事業で構成されている文字通りの鉱業会社で、ビリトンの最大の輸出相手国は中国となります。

2020年03月27日の執筆時点では、世界時価総額におけるビリトンのランキングは85位(約9.2兆円)となります。国内最大級の通信会社であるNTTドコモと大した時価総額の差はないので、やはりビリトンは大きな企業ですね。

世界首位の銅生産量を誇るスペイン鉱山会社Minera Escondida の株式過半数を保有しています。Minera Escondidaの保有株数として、リオ・ティントが30%、三菱グループも2.5%保有しています。

BHPビリトンの投資情報

株価 35.59ドル
時価総額 85,844.88万ドル(約9.2兆円)
配当利回り 7.55%
1株の配当金 2.860ドル(年間)
権利落ち日 3月と9月

BHPビリトンの株を保有していると、年に2回、配当金を受け取ることができます。配当金大好きな私としては物足りないですが、配当利回りとしてはかなり高配当です。

1株あたりは4,000円もあれば購入することができ、少額スタートできるのも特徴でしょう。

BHPビリトンの株価と売上高

BHPビリトンの株価

BHPビリトン

BHPビリトンは2008年のリーマンショック、2016年のチャイナショック、そして2020年の新型コロナウイルスショックによって株価は下落しています。

値動きが激しい銘柄ですので、投資する場合はなるべく安値で少しずつ購入を考えています。なお、BHPビリトンの場合、私が投資している米国株の資産のうち、5%までに収めようと考えています。

100万円のうち、5万円までといった投資比率となります。

BHPビリトンの売上高

参考までにBHPビリトンの売上高となります。

2021年06月(予想) 43,708,638,000(約4.7兆円)
2020年06月(予想) 44,559,110,000(約4.8兆円)
2019年06月 44,288,000,000(約4.8兆円)
2018年06月 43,129,000,000(約4.7兆円)
2017年06月 35,740,000,000(約3.8兆円)

部門別では鉄鉱石、銅鉱石の売上が過半数を占めます。

BHPビリトンの配当金の推移

参考までに、過去5年のBHPビリトンの配当金の推移を載せておきます。

権利落ち日は3月、9月で配当金の支払いは3月末、9月末となります。日本株の場合は権利落ち日の3ヵ月後に配当金を支払うため、比較すると早いですね。

権利落ち日 配当金
2020年03月05日 1.3ドル
2019年09月05日 1.56ドル
2019年03月07日 1.1ドル
2018年09月06日 1.26ドル
2018年03月08日 1.1ドル
2017年09月07日 0.86ドル
2017年03月08日 0.08ドル
2016年08月31日 0.28ドル
2016年03月09日 0.32ドル
2015年09月09日 1.24ドル

BHPビリトンの保有状況

取得単価 49.07ドル
保有口数 5口
投資金額 26,755円

現在、BHPビリトンには株価が49ドルの時に5口投資していまして、投資金額は2万6千円程度ですね。年間で受け取ることができる配当金は合計で1,400円前後です。

取得単価に比べると、2020年はコロナウイルスショックの影響で株価が下落し利回りは上がってしまいますが、この銘柄は長期保有しようと考えています。

オーストラリアの企業ではBHPビリトン以外にはウェストパック銀行にも投資しています。

ウエストパック銀行(WBK)
【高配当株】ウエストパック銀行(WBK)についてご紹介ウエストパック銀行(WBK)は米国市場に上場しているオーストラリアの銀行株で配当利回りが6%もある高配当銘柄。...

まとめ

  • BHPビリトンは世界85位の時価総額を持つオーストラリアの企業であり、三大資源会社のうちの一社。
  • 配当利回りは7%と極めて高く、4,000円もあれば1株投資可能。
  • 不況に弱い銘柄のため、投資する際は余剰資金内で、資金全体の5%以内が良い。
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。