配当・分配金

【配当金生活】10月の米国株と米国ETFの配当金のまとめ

米国株と米国ETFの配当金

はい、こんにちは!!

現在、米国株と米国ETFにたった63万円投資中のねるでございます。何故そんなに少額投資していないかというと、投資するための資金余力がないからだ。

ブログランキングの上位ランカーの方々が運用している資金に比べ、私は遥かに少額投資している部類に入り、とてもじゃないけど数千万円も運用するには少なくともまだまだ10年以上くらいはかかりそうな感じはする。

サラリーマンをやっている上で、人生のセミリタイヤが最終目標ではあるが、それに達するまでに道のりは長く、そして険しく、これからは数々の壁にブチ当たるだろうと考えている。

本業から入ってくる収入の半分くらいは米国投資に充てたいところではあるが、ここ最近は残業する機会が少なく、投資したいどころか固定出費が収入を圧迫しており、12月のボーナスが入らないことには悲しいことに投資したくても投資ができない状態となっている。

とりあえず今日は先月10月で得た日本株と米国株の配当金(純然たる素晴らしい不労所得)を一挙に公開しようと思う!!

日本株の分配・配当金

現在、保有している日本株の銘柄は12個まで増やしており、その半分はJ-REITで構成されているが、その中から唯一、10月に配当金を捻出してくれたのは上場インデックスファンド債券新興国債権(1566)だ。

ちなみに上場インデックスファンド債券上場債券は2ヵ月おきに配当金を支給してくれる貴重な銘柄で、現在の配当利回りは5%を超える高配当銘柄である。

銘柄 上場インデックスファンド債券新興国債権(1566)
口数 2つ
1口あたりの配当金 411円
合計配当金 822円

よって保有している日本株の合計配当金(不労所得)は822円だ。

10月に入ってくる配当金を支給するための銘柄はせいぜい上場インデックスファンド新興国債権くらいなので、来年こそはもっと10月支給の配当金を増やすために日本株を色々と探してみてポートフォリオに加えようと思っている。

配当金は多ければ多いほど、その分、配当金をひたすら積み立てて次の銘柄を買う為の資金に充てることはできるし、保有中の銘柄を買い増しできるので、メリットはたくさんあると思っている。

ここ最近、興味があるのは三菱UFJフィナンシャルと三井住友フィナンシャルの株であり、来年あたりには1口くらい買ってポートフォリオに加えようかなと考えている。

そして株価が絶賛下落中のビジョナリーホールディングスというクソ株を何とか買値で処分したいところではあるが、しばらく含み損の状態で塩漬けにする可能性もあるのだ・・

米国株の分配・配当金

10月からいただいた米国ETFの配当金はこちらだ。ちなみに全て米国ETFで、米国個別株からの配当金はまだ何一つも含まれていない。

銘柄 保有口数 合計配当金
HYZD 5 51円
YYY 7 88円
IFGL 5 279円
ZMLP 10 386円
HYEM 5 58円
JNK 2 93円
PFF 15 226円

10月に支給された米国ETFの合計配当金は1,181円だ。

それぞれの特徴を簡単に述べると、以下の通りである。

銘柄 特徴
HYZD 米国社債に投資しているETFである。配当利回り5%を超える高配当銘柄で毎月分配金を支給してくれる銘柄。
YYY 米国の債券市場に投資しているETF。配当利回りは8%を超える異次元銘柄であり、高配当すぎて減配しないかどうか心配である。一応、毎月分配型のETFである。
IFGL 米国を除く世界の先進国の不動産市場に投資しているETFである。配当金は年に4回、利回りは3~4%を推移している。
ZMLP エネルギー・石油のMLPに投資しているETFである。高配当過ぎて株価も一向に上がらなく、いつ減配してもおかしくない初心者には手出し無用なETFである。配当利回りは8%超えで年に4回配当金を支給してくれる。
HYEM 新興国の債券市場に投資しているETF。配当利回りは5%以上もあり、しかも毎月分配型のETFである。
JNK 米国債券に投資しているETF。ソフトバンクの社債も含まれていたりと幅広く分散していたり、配当金も毎月分配してくれる特徴を持つ。しかも高配当
PFF 米国の優先株式に投資しているETF。毎月分配金を支給してくれるので、日本投資家に根強い人気を持つ。

上記の中ではお気に入りのETFはIFGL・iシェアーズ 先進国(除く米国)不動産 ETF、PFF(iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF)くらいで、他のETFに関して高配当という理由だけであって何となく長期保有している。

基本的に高配当ETFは値上がり率はあまり期待できないため、保有する目的はあくまでも長期で配当金をもらいつつ、再投資してさらに配当金を増大していくという狙い。

JNK、YYY、HYZD、HYEMといった毎月分配金を生んでくれるETFにはある程度分散して保有しており、たまには少しでも分配金が増えていくように、それらの銘柄をちょっと買い増ししてもいいかなと思っている。

今のところ、毎月分配型のETFの株価は横ばいで推移しており、配当金も安定しているので、とりあえず配当金だけちゃんともらっておけばそのまま放置していくつもりである。

来月も日本株と米国株の配当金(しょぼいけど)を公開するのでお楽しみに!!

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。