投資信託

【積立NISA】eMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資するだけで米国株式に一括投資ができる

おすすめの米国株

皆さん~!

そろそろ12月も近づいており、冬の温かいボーナスを貰って、そのお金の使い道はお決まりですか?

私はもうね、支給された貴重なボーナスでやることはただ一つ。

とりあえず何も考えずに支給されたボーナスの50%をSBI証券につっこんで、そのお金で米国株と投資信託、および日本株をひたすら買おうかなと思っている。いわゆる、「お金でお金を増やす」という投資家にとって極めて大事な行為だ。

世間にはせっかく貰ったボーナスで思いっきりパーっと好きなものを買うだけ買って、そのまま消耗してしまう方はたくさんいると思うが、個人投資家の場合は資産を増やすことに魂を燃やしている。

つまり米国株に投資をしている投資家達は配当金を生み出してくれる高配当株を買うことで、将来の年金支給問題から脱却するために今のうちに準備を行っており、賢明に行動しているのだ。

日本国民は全員が投資に対するメンタルを持っている訳ではないので、投資したい人だけ投資すれば良いが、せっかく大切なお金を使って投資をするなら出来れば元本を減らさずに資産を増やしたいところである。

元本をなるべく減らさず、しかも米国株式に一括投資ができる投資信託が存在しており、その名も「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスについて

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスはインデックス型の投資信託の一つであり、私たちはそのファンドにお金を投資するだけで、後はプロのファンドマネージャーが勝手に運用してくれる便利な投資先だ。

「投資信託」とは簡単に説明すると、”お金を託して投資をしてもらう”ことを示す。

そして投資信託には”インデックス型”と”アクティブ型”の2種類が存在しており、両者の違いとして、インデックス型はバランスを追求するタイプであり、アクティブ型は成果を求めるタイプの投資信託である。

そのため、アクティブ型の方がリターンは大きいが、資産が増えることもあれば減ることもあるし、インデックス型は資産をこつこつと増やすことに重点を置いている。

運用にかかわるコストはアクティブ型の方が大きいため、投資信託に投資をする際には自分のスタイルに合った投資先を選ぶのが大事だろう。

インデックス型の投資信託は、ファンドから発生した利益はそのまま自動的に再投資するため、特に投資家は何も考えずにただただお金を積み立てることで、お金は勝手に増えていく性質を持っている。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスのような投資信託はどちらかといえば「長期に向けてお金を増やしたい」方にはおすすめであり、短期で爆発的に儲けたいという方には不向きである。

投資に対するリスクとリターンは比例しており、FXのようなリスクの高い金融商品はその分リターンも大きく、投資信託のようなこつこつ型の金融商品はリスクが低い分、リターンも少ないのが特徴的だ。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの構成銘柄

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは昨年2018年、投信ブロガーが選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー2018」の投票において1位を獲得している!

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資をするだけで一括で米国株式に投資してくれるため、こちらのファンドが投資している米国株は主にこちらだ。

銘柄 比率
アップル アメリカ 2.7%
マイクロソフト アメリカ 2.6%
アマゾン アメリカ 1.8%
Facebook アメリカ 1.1%
JPモーガン アメリカ 1.0%
アルファベット・クラスC アメリカ 1.0%
アルファベット・クラスA アメリカ 0.9%
ジョンソン・エンド・ジョンソン アメリカ 0.9%
ネスレ スイス 0.8%
P&G アメリカ 0.8%

表を見ての通り、アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェースブックといった世界を名だたる企業群ばかりで、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス1本だけで投資するだけでこんなに幅広い銘柄に一括投資してくれるのだ。

もはや、米国株の個別銘柄に投資しなくてもいいんじゃないか?と思ってしまうかも知れないが、まさにその通りと言ってくれるかも知れない。

ただし個別銘柄に投資した方が「3ヵ月おきに配当金を得ることができる」というメリットはあるが、その分、その銘柄が倒産してしまった場合は資金も全て失うため、その分投資信託は分散を行っているため、一つの企業が倒れてもファンド自体はなくなることはないのだ。

そう考えると、投資信託はこれから投資をしたいけど、何に投資したらいいのかさっぱり分からない、といった迷える羊に合うような最適な投資先であり、今後もこういった投資信託には投資マネーが流れ、米国株を支えてくれると思っている。

はっきり日本株よりも米国株の方が将来性はあると考えているし、伸び具合の差は広がっていくばかりであろう。

よってこうした素晴らしい投資信託が存在することを今回当ブログにて簡単に紹介したが、一つの選択肢として考えていただければと思っている。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。