米国株(個別で高配当)

【配当金生活】冬のボーナスが入ったらまずエクソン・モービルの株をたくさん買います

エクソン・モービル(XOM)

皆さ~んこんにちは!!

ここ最近では平年を下回る気温の寒さが続き、運動不足解消のために深夜に一人ウォーキングをしていると、あまりの寒さに耳がちぎれそうになる。

心も体もお財布の中身も寒いが、いよいよ支給される12月のボーナスにより、ひょっとしたらホクホクな気持ちで温かい冬を過ごす可能性が残っている。

賞与というのは年間通して会社の利益によって大きく変わるため、今年はどちらかといえば業務が大変忙しく、そこそこ頑張ったなと自負している気持ちはあるが、これで希望額を下回れば他の社員と一緒にストライキを起こす可能性があるかも知れない・・

「今年の幸せは賞与の明細で決まる!!」

そのくらいボーナスというのは労働人生最大の楽しみであるため、毎日汗と涙を流した自分の努力の結晶なので、頼むから社長、基本給の3倍でいいのでどうか私にお金をめぐんでくださいお願いします。

実は冬のボーナスが支給されたら、真っ先に購入しようかなと考えている米国株と米国ETFが既に決まっているので、少し紹介しようと思う。

冬のボーナスが入ったらまず購入予定の米国株を紹介

私は米国株以外では日本株にも一応は投資しているため、投資を始めたきっかけとして、単純に「高配当株に投資を配当金が欲しい」ただそれだけの理由だ。

米国株は今のところ買って損はしたな~という感じは今のところ全くないが、日本株ではビジョナリーホールディングス(9263)という購入当時は価格が大変安かったので、将来株価は倍になるだろう、という勝手な予測から無知にも手を出してしまったが、今はかなりの痛手を被っている。

「クソ株に手を出すんじゃなかった・・」と。

日本株に投資をして、業績が悪化して株価が半分になったとか、日産自動車みたいに業績不振で配当が減配になったという話はよく耳にするものだ。

米国株の場合は今のところ保有している銘柄では暗いニュースが全くなく、むしろニューヨークダウは連日高値を更新しており、株価もじわりと上がっているため、非常に安心感を持っている。

株が上がるだけでなく、ちゃんときっちりと配当金を支払ってくれるため、やはりそういった米国株には大変感謝しているし、AT&T(T)という高配当で日本人に人気な銘柄も買って良かったと心から喜びを感じている。

そんな喜びとは裏腹にビジョナリーホールディングスに何故手を出してしまったのか・・

もっと良い銘柄はたくさんあったはずなのに、株を買う時はちゃんと業績、IRなどを調べてから買うようにするべきだと猛烈に反省をしている。

エクソン・モービル(XOM)を購入したい理由

購入予定第三位にランクインしている銘柄はエクソン・モービル(XOM)、君に決めている。

こちらの銘柄の購入を決めた理由としては、エクソン・モービルの配当性能、時価総額、利回りの高さにあり、こういった特徴を持つ。

  • 配当利回り4%以上
  • 時価総額10兆円以上
  • 連続増配20年以上

米国投資家なら誰しもが耳にしたことのある銘柄であり、何といっても世界を代表する石油・エネルギー製造と販売している巨大企業なので、世界時価総額ランキング17位にランクインしている。

エクソンモービルは原油と天然ガスの探鉱・生産・輸送・販売及び石油製品の製造・輸送・販売の事業を手掛けている。

日本のトヨタ自動車ですら40位なので、企業力の差は一目瞭然だろう。

エクソン・モービル(XOM)エクソン・モービル(XOM)のチャートはSBI証券より引用

エクソン・モービルは株価は横ばいで、保有していて値上がり益は期待できないが、いわゆる配当王とも呼ばれており、保有しているだけで特に何もしなくても、3ヵ月おきに自動的に配当金を振り込んでくれる。

参考までに、エクソン・モービルの配当利回り、株価はこちらの通りだ。

配当利回り 5.06%
連続増配年数 36年
年間の配当額 3.48ドル
配当回数 年に4回
配当月 3月、5月、9月、12月

エクソン・モービルは現在、1株買うのに必要な資金は68.70ドルのため、(約7,200円)とりあえず1株を保有していると年間で合計3.48ドルを受け取ることができる。

こちらはエクソン・モービルの過去の配当記録である。権利落ち日とは、その日までに株を保有していると、翌月には配当金を獲得する権利を持つ。

権利落ち日 配当金
2019年11月08日 0.87ドル
2019年08月12日 0.87ドル
2019年05月10日 0.87ドル
2019年02月08日 0.87ドル
2018年11月09日 0.82ドル
2018年08月10日 0.82ドル
2018年08月10日 0.82ドル
2018年05月11日 0.82ドル
2018年02月09日 0.77ドル

表を見ての通り、配当金は年々右肩であり、今のところ下がることはなさそうだが、実はこの銘柄、先進国の投資信託のポートフォリオにも何気に含まれていることがあるため、株価の下支えになるし、私が買い増ししようと考えている銘柄ナンバーワンだ。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。