米国株(個別で高配当)

【米高配当株】インベスコ(IVZ)保有株数を少し増やしました

インベスコ(IVZ)

こんにちは~!!

つい最近、保有中の日本株であるゲンダイエージェンシー(2411)より配当金が振り込まれたので、その原資で保有している米国株を少し増やししました。

日本株は米国株と違って1株で投資することができないので、それに比べると米国株は少額で簡単に投資することができるし、右も左も分からない迷える投資初心者に最もおすすめできる金融商品の中の一つだと考えている。

日本経済が後退していく中、米国株の魅力にはとても惹かれているし、iDecoや積立NISAの投資先に含まれる企業のほとんどが米国にあるのだ。

マイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾン・ドットコム。世界を代表する企業群ばかりであり、それに肩を並べる日本企業はおそらくもう現れないことでしょう。

しかも米国企業の配当性能は減配大好きなケチケチな日本企業と違い、積極的に株主還元してくれる企業が多く、配当回数も1年に4回ほど支払ってくれるケースが多い。

基本的に今保有している米国株のほとんどが年に4回の配当回数銘柄で構成されているため、余力資金さえあればお宝銘柄を探し出し、売上高が好調で高配当であれば迷わずに積極的に購入している。

その中でも一つ、インベスコ(IVZ)という高配当銘柄があり、つい最近配当金を貰ったばかりではあるが、こちらを買い増ししている。

詳細についてこちらで述べてあるが、お時間がある時にぜひぜひチェックをしていただきたい。

インベスコ(IVZ)
【米高配当株】配当マシーン?インベスコ(IVZ)の魅力に迫る!インベスコ(IVZ)は米国株の高配当銘柄で、世界20カ国に投資関連事業を営んでいる企業である。...

インベスコ(IVZ)保有株数を少し増やしました

今回1株を購入したことで、元々20株保有中だったのが21株になったので、次回貰う予定の3月時点の配当金は今より増える可能性があると見ている。

保有株数 21株
平均取得価格 16.71
現在の株価 16.79

インベスコ(IVZ)はわずか16.79ドル(1800円)もあれば1株投資ができるため、1株あたりの配当金が1回につき0.31ドルのため、年間1.2ドル(約130円)のリターンを得ることができる。

配当利回りは7%超えており、十分すぎる高配当っぷりには満足した配当金となっている。

このままの利回りで配当金をキープしてくれれば投資家にとして非常に嬉しいことであり、インベスコの売上高は黒字なので、来年もおそらく減配はしないだろうという予想はしている。

しかも8年連続増配企業であるため、これもまた投資を始めたきっかけとなったが、日本人投資家にはあまり注目されていない銘柄なのかなと思っている。

世の中の日本人ブロガーの米株ポートフォリオを見ていても、インベスコ(IVZ)を持っている方が全く見当たらないので、情報としても少なく、googleで「インベスコ(IVZ)」と検索すると、実は私のインベスコに関する記事は1位か2位くらいにヒットして「まじかー!!」と思った次第だ。

米国株は配当金生活するのに向いている

日本は少子高齢化、増税、年金受給引き上げと問題だらけであり、数十年後の老後の生活はもはや国が保証してくれるとは思えないので、そんな危機的な状況を打破するのに「自分年金作り」をしていく必要があると見ている。

「どうすれば自分年金作りが出来るのか?」

と、現在30代後半のおっさんである私が実践しているのは、

  • 毎月1万円を積み立てNISAに充てる
  • 毎月1万円分の米国株を購入する

を主に行っており、1年には24万円を積み立てていき、そこから4%の利益を再投資していくと、60歳になった時に資産が1000万円近くになるようシミュレーション計算している。

毎月積立額 20,000円
積立期間 23年
利回り 4%
積み立てた金額 552万円
運用収益 351万円
合計 903万円

いかがでしょうか?

利回り4%の配当金をそのまま23年も再投資すると、リターンとして351万円もプラスになっており、普通のサラリーマンなら退職金と合わせると最低でも合計で1,000万円以上のお金を手にすることでしょう。

そこでせっかく貯めたお金でBMWの6シリーズを買ってしまうと一発アウトだが、1000万円以上の資金で配当金を生んでくれる米国株に投資をすると、利回り3~5%で運用した場合は毎月3~5万円の配当金を受け取ることができる。

そして、深刻になりつつ不足しがちな年金問題を自力でカバーできる可能性もあるので、その時は再投資するよりも、生活資金に使うのがベストだろう。

なお、インベスコ(IVZ)にはこれからも大いに投資していくでしょうし、そこから得た配当金からさらに株を購入し、雪だるま方式に資産を増やそうと考えている次第である。

こうした複利の力を活かして、たった1株から始める米国株投資はこれからも伸びていくでしょうし、最近ではyoutubeの動画の広告に登場するまでに至っていることが良く分かる。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。