ブログ収入

【米国株ブログ】米国株ブロガーとしてデビュー4カ月目。100記事に達した今SEOの変化は?

米国株のポートフォリオ

どうも~!!

私が米国株ブロガーとしてデビューを果たしてから、もう既に4ヵ月あまりの歳月が過ぎようとしている。

このブログを始めたきっかけとして、トランプ大統領は嫌いだけど(オバマさんの政治スタイルの方が好きだった)、米国株の魅了に惹かれて、PFFやエクソン・モービルという銘柄を保有してから「世の中に米国株の魅力を広げてみようではないか」と思った次第である。

今では一般の方が何も考えずにひたすら積み立てているiDecoや積立NISAの投資先のポートフォリオに米国株が含まれているのに気づかないことが多く、配当金生活を実現するには米国株の保有は欠かせないものだと思っている。

私が愛読している日本と米国株ブロガーさんのポートフォリオを見ると、2億円を運用している内訳のうち、半分以上の資金が米国株で構成されているので、やはり分散投資として威力を発揮している感じはするね。

世の中の統計によると、ブログを始めて半年以内で辞めてしまうのが30%で、1年未満で突如辞めてしまうブロガーの方は50%にも及ぶことがあるそうだ。

その背景には「ブログは稼げない」、「アクセスが全くない」、「Googleアドセンスにいつまで経っても受からない」といった理由が辞めてしまう原因にあり、今のところこのブログのアクセスは少しずつではあるが、順調にアクセスが伸びている状態だ。

米国株をデビューしてから4ヵ月、PV数にも変化が。

このブログは主に米国株に特化した濃い内容にしたいと米国市場を調査しつつ、記事を書いているところであり、最初の1ヵ月目に比べると今は当初に比べるとアクセスが伸びたなという実感はある。

というのも、最初はどんな頑張っても汗と涙を流して記事を書いたところで、誰も見てくれないので、100記事に達した今ではgoogleやyahoo、bingといった大手検索エンジンからのアクセスは増えている感じがする。

1ヵ月目 500PV
2ヵ月目 1000PV
3ヵ月目 3,000PV
4ヵ月目 4,500PV

こういった感じで、このブログのPV数はゆる~く上昇傾向にあたり、記事をさぼってしまうと一気にアクセスが減ってしまうため、日ごろの米国経済や日本経済の動向を注視しながら、皆様に立派な情報を提供していかなければという使命感は持っている。

なお、この米国株ブログの収益は4ヵ月経った今、主な収入源としては「Googleアドセンス」の広告を貼りつけており、

  • 広告をクリックすると広告収入が入る
  • PV数に応じて収益が変わる

といった形で少なくともブログ収入は少し発生している。

「ブログ村」といった個人が作ったブログをランキング形式で上位を争うブログサービスにも登録しており、今のところランキング150位くらいに位置しているが、上位TOP10に入ることは到底難しいと思っている。

ランキングTOP10の米国株ブロガーのスター達のうち、数名が既に人生セミリタイヤしているようで、ブログ収入+米国株の配当金で毎月ウハウハな人生を歩んでいるため、実はこれが私の人生の最大の目標ではある。

ブログ収入と米国株の配当金だけで毎月安定して50万くらい入るようになれば、ただちに本業に辞表を提出し、ストレスまみれの労働人生に笑顔で別れを告げることでしょう。

ブログ収入について

前述した通り、日々ブログを書くうえで重要になってくるのが「ブログのPV数」、「PVに応じた収入」であり、これまでのブログ収入は下記のようになっている。

8月の収入 うま棒4本
9月の収入 うま棒8本
10月の収入 野口英世さん1枚
11月の収入 うま棒60本

具体的な金額を載せると規約違反になるため、はしょった表現にはなっている。

10月は今のところ一番収入が良かったが、この時は投稿した記事数は50記事くらいに到達しており、検索サイトからの流入も増えていた頃だ。

ブログやyoutuberなどはサラリーマンにとっては最もリスクの少ない副業だと思っているので、ブログは「ストック型のビジネス」だと考えており、とあるジャンルに特化した内容を中心に投稿すると、その内容でこれからもずっと検索される可能性が高いと考えている。

我が理想は一括のPVは10万、ブログ収入は毎月3万円になることなので、まだまだ努力が足りないと心身受け止めている。

当ブログに紹介している米国株、米国ETFの個別記事の検索ランキング

SEO検索における検索キーワードと表示順位は、キーワードによっては異なるが、私が気付いた当ブログの記事と、ヒットしているキーワードはこちらの通りだ。

リアロジー・ホールディングス

2019年12月23日時点のgoogle及びyahoo検索ランキング:2位

リアロジー・ホールディングス(RLGY)
米国株リアロジー・ホールディングス(RLGY)の紹介高配当米国株リアロジー・ホールディングス(RLGY)について紹介します!...

B&Gフーズ

2019年12月23日時点のgoogle及びyahoo検索ランキング:1位

b&g フーズ(bgs)
【B&Gフーズ】B&G Foods(BGS)の株価・配当実績・売上高B&GFoods(BGS)は米国の大手食品メーカーで、規模としては7番目です。1株投資しているだけでも年間4回も配当金を貰うことができます。...

インベスコ(IVZ)

2019年12月23日時点のgoogle及びyahoo検索ランキング:4位

Invesco Ltd.
【米高配当株】インベスコ(IVZ)の株価・配当実績・売上高インベスコ(IVZ)は配当利回り7%の米国高配当で年4回の配当金支払いをしています。...

YYY ETF

2019年12月23日時点のgoogle及びyahoo検索ランキング:3位

YYY(アンプリファイ・ハイ・インカムETF)
【米高配当ETF】YYYのETFのファンド名が「アンプリファイ ハイインカムETF」に名前が変わった!アンプリファイ ハイインカムETF(YYY)は配当利回り9.36%の高配当ETFです。1株保有しているだけで毎配当金を受け取ることができます。...

マレーシア高配当ETF EWM

2019年12月23日時点のgoogle及びyahoo検索ランキング:2位

https://usa-kabu.com/stock/#/
【高配当ETF】iシェアーズ MSCI マレーシア ETF(EWM)を紹介するよ!iシェアーズ MSCI マレーシア ETF(EWM)はマレーシアに投資をしているETFで配当利回りは2%台で微妙な利回りだが、安定感はある程度見込まれるファンドである。...

セムグループ SemGroup

google及びyahoo検索ランキング:2位

セムグループ クラス(SemGroup Corporation)
セムグループ クラスA(SEMG)は驚異の利回り11%セムグループ(SemGroup Corporation)は石油を販売・製造する米企業で配当利回りは11%と高配当...

HYEM ETF

2019年12月23日時点のgoogle、yahoo検索ランキング:5位

HYEM 新興国ハイイールド債券ETF(高配当)
【米国高配当ETF】HYEM(ヴァンエックベクトル新興国高利回り債ETF)の銘柄分析!HYEM(ヴァンエックベクトル新興国高利回り債ETF)は配当利回り6%の高配当ETFで毎月分配型のファンドです。...

マッコーリー・インフラストラクチャー

2019年12月23日時点のgoogle、yahoo検索ランキング:3位

Macquarie Infrastructure Corporation (MIC)
【超高配当株】マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)について紹介マッコーリー インフラストラクチャー Macquarie Infrastructure Corporation (MIC)は高配当な米国株です。...

マレーシア高配当ETF

2019年12月23日時点のgoogle、yahoo検索ランキング:1位

https://usa-kabu.com/stock/#/
【高配当ETF】iシェアーズ MSCI マレーシア ETF(EWM)を紹介するよ!iシェアーズ MSCI マレーシア ETF(EWM)はマレーシアに投資をしているETFで配当利回りは2%台で微妙な利回りだが、安定感はある程度見込まれるファンドである。...

コールズ kohls

2019年12月23日時点のgoogle、yahoo検索ランキング:7位

コールズ(Kohl's)
【配当金生活】コールズ(Kohl's)の米国個別株を初購入したからね!コールズ(KSS)は米国個別の高配当株で利回り5%を超える優良銘柄だと考えている。...

モバイル・テレシステムズ

2019年12月23日時点のgoogle、yahoo検索ランキング:4位

モバイル・テレシステムズ(MBT)
利回り9%!モバイル・テレシステムズ(MBT)の紹介モバイル・テレシステムズ(MBT)は利回り9%もあるロシア株です。...
応援よろしくお願いします♪
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。