配当・分配金

【配当金生活】12月の米国株、米国ETFの配当金まとめ

米国株と米国ETFの配当金

こんにちは!

つい最近のことではあるが、政府が発表した「1月より、年収850万円の労働者の所得税を増やすからね!!」とのことで、10月の消費税引き上げに続いて、またしても国民の負担を脅かす増税か。

つまり、年収850万円は所得税が増え(いくら増えるかはちょっと不明・・)、年収900万円は年1・5万円、1000万円は年4・5万円、1500万円で年6・5万円くらいの負担増になるとされている。

仮に仕事で昇進に伴って給与が850万円までアップしたところで、嬉しい気持ちになる反面、額面収入が増えたとしても、昇給した金額と同じだけ「手取り収入」が増える訳ではないので、実際には注意が必要である。

つまり、「稼ぐほどバカを見る^^」

そう、所得が増えたところで所得税もがっつり増えるため、手取り収入は大して変わらないことに気付くことがあるだろう。

都内にお住まいの方で住宅や自動車ローン、夫婦共働きではない場合などを考えると、下手すると年収850万円でも足りないくらいで、中間層の負担が増えるばかりでこの国は将来的には暗い未来しか見えてこないが現実だろう。

私の場合は年収850には程遠い収入を得ているが、対象外にはなったものの、そのうち年収650万円も増税してやるからな!!と政府が発表したその日には怒り狂ってSNSで同志を呼び掛けて政府を批判しまくるだろう。

そのため、今できることは労働収入以外の収入を増やし、いわゆる高配当株からの配当金といった純然たる不労所得ではあるが、こういった配当金を増やすべく、労働収入の一部を毎月米国株の買付に回すようにしてしている。

そして今日は12月の米国株、米国ETFから得た配当金(不労所得)をお伝えするブログ記事なります!

12月の米国株、米国ETFの配当金まとめ

米国株は現在、SBI証券で現在81万円ほど運用中であり、保有中の銘柄は全てNISA口座で購入している。

NISA口座を作って米国株を保有メリットとして、配当金にかかる税金が特定口座の場合、所得税20%+米国税10%に加えて30%かかる分が10%程度に収まる。

IFGL ETF 562円
HYZD ETF 53円
インベスコ(IVZ) 個別株 603円
IBM 個別株 157円
JNK ETF 96円
PFF ETF 544円
コールズ(KSS) 個別株 131円
YYY ETF 155円
エクソン・モービル(XOM) 個別株 442円
EWM ETF 122円
HYEM ETF 67円
SPYD ETF 1,506円

12月の米国株から得た配当金(不労収入)は4,438円でした!!

IFGL、インベスコ(IVZ)、IBM、コールズ(KSS)、エクソン・モービル(XOM)、SPYDは3ヵ月おきに配当金支払いをしてくれる銘柄なのに対し、HYZD、JNK、YYY、PFF、HYEMは毎月配当金を捻出してくれる。

12月は色んな銘柄からの配当金ラッシュで、今まで得た配当金と比較すると、今回いただいた金額は一番良かったというところだ。

ただ、米国株ブロガーの中では運用額は私の方が一番しょぼいので、1000万円くらい運用すれば毎月数万円貰うことができるものの、やはり運額1000万円は一つの目標だと考えており、30代後半である今、40代前半になるまでは達成したいと考えている。

米国株は一度好きな銘柄を購入しただけで後は放置しておくだけで何もしなくても配当金を支払ってくれるので、株価が下がれば買い増しするし、株価が天井高く上がれば喜んで静観しているだけなので、長期保有していく予定だ。

日本の将来は不安でしかない

日本の将来は真っ暗なので、米国株や米国ETFに投資する理由は言うまでもなく、労働収入だけに頼らない生活基盤を作るという理由他はないだろう。

2019年10月の消費税増税、ハイパー高齢化社会に年金受給年齢の引き上げなど、この国は政府のやりたい放題で問題だらけなので、先進国の中で後退していく未来しか見えないため、今のうちに貯蓄以外で配当金収入を増えていく必要があると考えている。

よって20代のうちは労働収入で好きなブランドを買って貯金0になると後々大変な目に遭う可能性があるため、資産運用としてはおすすめできるのは証券会社が扱っているインデックスファンドへの投資だ。

しかし日本人の多くは外国株に対する偏見や恐怖があるため、それはそれでもったいないと思うが、アマゾン、グーグル、アマゾン・ドットコム、アップルのような世界を代表する企業群の多いアメリカはとても有望な国なので、投資せずにはいられないと思っている。

よって時間をかけずに配当金という不労所得を増やしたい場合、一番手っ取り早いのは有望な米国株を複数社購入し、上手に資産運用することである。

ちなみに私が増やしたいと思っている銘柄は大手通信会社のAT&T(T)、大手石油会社のエクソン・モービル(XOM)で両者とも世界時価総額20位に入る企業であり、後はSPYD、HDVという米国80社以上に投資をしているETFの購入を検討している。

応援よろしくお願いします♪
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。