配当・分配金

【高配当ETF】JNK、HYZDから素晴らしい配当金を貰いました~

HYZD(ウィズダムツリー 米国ハイイールド社債ETF)

どうも~!

米国高配当ETFとはその名の通り、配当利回りが5%前後と大変高配当で、投資家は普段は特に何もしなくても、高配当ETFを保有しているだけで証券口座に配当金がチャリーンと振り込まれるようになっている。

ETFは多くの企業に投資しているファンドであるため、種類にもよるが、個別株よりも倒産リスクは低いとされており、しかも金融機関が推奨してくるようなタコ足しかない毎月分配型の投資信託とは訳が違う。

私が保有しているETFのほとんどが毎月か、3ヵ月おきに貴重な配当金を捻出してくれる銘柄ばかりで、その配当利回りは4~5%とインカムゲイン好きな私として大変お気に入りだ。

保有中の高配当ETFにはYYYやZMLPのような、利回り8%を超える超高配当銘柄も含んでいるが、リスクを考慮して投資した場合、利回りは4~5%あたりがちょうど良いと思っている。

その中で、高配当ETFのJNKとHYZDより大変貴重な配当金が振り込まれたため、銘柄の特徴などについて紹介することにしよう。

SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF(JNK)の配当金

SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF(JNK)は毎月分配型のETFで主に高利回り債券に投資しているETFである。

こちらの記事にはJNKについて詳細を紹介しているので、債券に投資しているファンドに興味がある方は一度見ていただければと思います。

米国ETF
配当利回り5%のJNK(SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF)JNK(SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF)は毎月分配型の高配当ETFで、配当利回りは5%を超えている債権のETF。...

なお、私は昨年の年末にJNKを1口買い増しして合計3口保有となったため、12/20日の権利落ち日で1株あたりの配当金が0.48ドルのため、今回いただいた配当金は141円となった。

JNKは毎月配当金を支払ってくれる金の卵を産んでくれるようなETFであり、保有口数はまだ全然少ないものの、これでもし私がJNKを300口も保有していたとすると、配当金はなんと100倍の14,100円にもなっていたのだ。

300口の場合、投資に必要な金額は300万円以上にもなるため、凡人にはとても縁のない話だが、配当金を複利の力で再投資すれば、ひょっとしたら老後には達成できる可能性すら秘めている。

ウィズダムツリー米国HY社債(金利ヘッジ型)HYZDの配当金

ウィズダムツリー米国HY社債(金利ヘッジ型)HYZDはアメリカのハイ・イールド債券に投資している海外高配当のETFであり、性質としてだいたいJNKに似ているところがある。

まあ、債券ETFのおおまな違いとしては各々が投資している債権の銘柄が多少異なるだけで、仕組みとしては一緒だ。

こちらの記事にはHYZDに詳しく解説しているため、債券のETFに興味がある方は是非チェックしてみてください。

HYZD(海外高配当ETF)
利回り5.6%! HYZD 海外ETF(高配当)の紹介ウィズダムツリー米国HY社債(HYZD)の紹介!...

HYZDは現在、10口保有していて、今回は1口あたりの配当金が0.115ドルのため、円換算すると配当金は合計で112円となった。

HYZDに投資するメリットとして、1口あたりの購入価格が23ドルと、JNKは100ドル(約11,000円)と比較するとお手頃価格だ。

しかも気軽にアメリカの債券市場に一括投資ができるため、配当金という不労所得を好む方には向いているETFといっても良いだろう。

ただし、その中身はボロ債券というリスクを潜んでいるため、投資のポートフォリオに債券型の銘柄を入れるなら、全体の10%くらいが良いとされている。

最後に

米国高配当ETFで毎月、配当金を支払ってくれる銘柄は今回紹介したHYZD、JNK以外ではYYY、PFF、HYEMといった銘柄も保有している。

今のところ、1年半ほど米債券ETFに投資してみた感想として、「大して減配せずに毎月安定した配当金をくれるよね^^」という点だ。

確かにYYYといった高配当ETFは2017年には一度減配しているし、極端に株が急騰することはないため、やはり保有目的はインカムゲイン狙いだろう。

世の中の投資家はあまりYYYといった超高配当ETFに投資している人は少ないが、そんな不人気っぷりを尻目は私は躊躇することなく積極的に投資を行い、最終的には楽しく配当金生活できる可能性があるし、爆損する可能性もあるが、そこは神のみぞ知る。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。