米国株

【米国株】コロナウイルス騒動で日本株は下がるが、米国株は大して下がっていない

コロナウイルス

おいっすうう!!

中国ではコロナウイルスという新型肺炎が蔓延しており、日本やアメリカにも感染が及ぶなど、株式市場でも波紋が広がっている。

日経新聞によると、株式市場における時価総額の損失は260兆円にも及ぶとのべており、私が保有している株の中でも日産自動車、J-REIT(不動産投資信託)などは駄々下がりだ。

武漢肺炎ショック、世界の株式時価総額260兆円減

中国・武漢に発する新型肺炎のショックが世界の株式市場を揺らし始めた。米中の雪解けを背景に強気に傾いていた市場に暗転の兆しがみえる。

投資家の売りは、投資指標面で割安でも景気変動に弱い市況関連から成長期待の強いハイテク株に波及し、相場の先行きが見通しにくくなっている。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28HA0_Y0A120C2000000/

この終わりの見えない世界的な感染危機には各国が名乗りを上げ、ウイルス対策に効くワクチンを共同開発していくなど、そのうち希望の光は見えてくるのかも知れない。

そうしたら、コロナウイルスが撲滅した頃にはきっと私が保有している日産自動車の株価も回復するかも知れないが、今は日本株安における含み損との闘いがしばらく続くだろう。

まあ、日産自動車の株については購入した理由はというと、株価が600円台と安く感じたところと、高配当という理由で手を出したらみるみるうちに下がっていき、しまいに株価が600円割れているのではないか。

コロナウイルス騒動で日本株は下がるが、米国株は大して下がっていない

ねるの米国株と米国ETF

日本個別株では多数の銘柄が下がりまくって、このまま永遠に落ちていくのではないかとビクビクしているが、大して私が保有している米国株はわりと堅調であり、とりあえず安心してホールドしている状態である。

いわゆるガチホ(長期保有)。

保有中の銘柄は全てインカムゲイン目的のためであり、配当金さえきちんと支払ってくれれば売却する予定がそもそもないのが現状だ。

それに今回の武漢肺炎ショックの影響はあまり大して米国株は影響を受けておらず、日本株みたいに大きく銘柄は今のところない気がする。

つい最近、米国株の中でもオシャレ枠としてピープルズ ユナイテッド ファイナンシャル(PBCT)を新規買いしており、これで保有している銘柄の数は21個に!!

ピープルズ ユナイテッド ファイナンシャル(PBCT)はこれから買い増ししていく予定

コロナウイルスの影響をあまり受けていない米国株だが、つい最近取得したピープルズ ユナイテッド ファイナンシャル(PBCT)という株は資金さえあればどんどん買い増ししようと思った銘柄だ。

こちらの記事にも紹介しており、あまり日本人投資家に注目されていない銘柄であるため、値上がりはあまり期待できないが、保有して面白い銘柄になりそうな予感はする。

ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル(PBCT)
【米国高配当株】ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル(PBCT)は2020年も増配している優良銘柄ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル(PBCT)は米国高配当株で保有しているだけで年に4回も配当金を支払ってくれる優良な銘柄である。...

連続増配26年以上で配当利回り4%以上、もう感謝の気持ちしかございません。

2020年も増配してくれるかどうかは要注目だが、金融セクターをポートフォリオに入れるのも面白いと考えている。

人気のある銘柄よりも、お宝銘柄を発掘して保有することにより、その銘柄の特性や業績などを知るためにもピープルズ ユナイテッド ファイナンシャル(PBCT)を保有したかった次第だ。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。