米国株(個別で高配当)

【米高配当株】インベスコ(IVZ)の権利落ち日が迫る

インベスコ(IVZ)

どうも~!

中国発の新型肺炎、通称コロナウイルスは世界中で猛威を振るっており、人から人へと猛スピードで観戦が広がっていくため、WHOが非常事態を宣言するなどもはや普通に生活しても無視できないレベルになってしまっているようだ。

我が田舎町には感染報告がないので、とりあえず大丈夫だと思うが、イオンといった大型ショッピングモールに週末を足を運ぶ際にはマスク着用といった最低限な予防は必要になっていきそうだ。

それでふと思ったけど、若者にも受けそうなオシャレなマスクはこれからも需要はありそうだし、そういった商品を開発している製造メーカーは株価が買われまくりになるのではないだろうか。

残念なことに医療関連の株は何一つも持っていないので、きっとジョンソン・エンド・ジョンソンとかも高値更新していて買いづらいが、また調べてこのブログに掲載しようかなと思っている。

そして、暴騰と一切関係な米国株の紹介となるが、私が保有している米国株の中でも高配当を誇るインベスコ(IVZ)の配当金を貰うための権利落ち日が迫っているので、それを紹介するコーナーでございます。

インベスコ(IVZ)の権利落ち日が迫る

権利落ち日というのはその日までにインベスコ(IVZ)の株を保有していると、配当金を貰う権利をもらうことができるため、翌月には配当金がチャリーン!と証券口座に振り込まれるのだ。

インベスコの権利落ち日 1株あたりの配当金
2020年02月12日 0.31ドル

つまり、2月12日までインベスコ(IVZ)の株を保有することで、3月頃には配当金という究極の不労所得が得られる仕組みだ。

こちらの記事に詳しく紹介しているので、インベスコについてどのような銘柄か興味がある方は是非チェックをしていただきたい。

Invesco Ltd.
【米高配当株】インベスコ(IVZ)の株価・配当実績・売上高インベスコ(IVZ)は配当利回り7%の米国高配当で年4回の配当金支払いをしています。...

簡単に言えばインベスコ(IVZ)は資産運用会社であり、増配年数も8年以上を誇る優良企業だと考えている。

まあ、私がインベスコ(IVZ)を保有する最大という理由は言うまでもなく配当金狙いであり、いただいた配当金は基本的に出金せず、インベスコをさらに買い増しするようにしている。

そのように雪だるま方式で複利の力を活かして再投資することで、30年後の60歳になったとき、体はヨボヨボになっているかも知れないが、そんな年ではもう働きたくないため、特に何もせず配当金だけで生活したいところだ。

毎日午前10時に起きて昼食を取り、それからスポーツジム行って体を鍛え、夜はお酒を飲みながら夜景を楽しむような夢の生活を実現するには投資で成功する他ないだろう。

インベスコ(IVZ)より貰う予定の配当金予想

保有株数 取得単価 現在の株価
21 16.71USD 17.63USD

現在、私は高配当銘柄であるインベスコ(IVZ)の株は21株を保有していて、16ドルの時に購入しており、そして現在の株価は17.63ドルと好調だ。

「コロナウイルスショック?何それ?」と新型肺炎の影響を受けて駄々下がりな日本株とは大違い、インベスコはいい感じで株価を保ってくれているので、保有していて安心はとてもえするね。

ちなみにインベスコは日本人投資家にはあまり人気ないのか知られていないのか、これに投資しているブロガーさんの方はあまり見かけない気がする。

2月12日付けの配当金は1株あたりの配当金が0.31ドルで21日保有のため、合計で6.51ドル、現在の為替で1ドルあたり109円のため、円換算すると700円程度の配当金になりそうな予感だ。

インベスコを買い増しするには不足しがちな金額だが、他の銘柄と合わせてどんどんインベスコを買い増ししていこう。

 

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。