米国株(個別で高配当)

【米国株】エクソン・モービル(XOM)の下落相場は終焉か?

エクソン・モービル(XOM)

エクソン・モービル(NYSE:XOM)は米国最大の石油・ガスの生産・販売しているオイルメジャー企業であり、増配年数は37年にも及ぶ配当貴族銘柄です。

37年間増配しているので、高配当を好む日本人投資家には絶大な人気を誇る米国企業です。

バフェット太郎のポートフォリオ
【米国株】バフェット太郎さんの投資銘柄(ポートフォリオ)ついて紹介します【米国株】バフェット太郎さんの投資銘柄ついて紹介します。...

2020年4月頃、中国発の新型コロナウイルスが世界中で瞬く間に広がって以降、ロックダウン(都市封鎖)により石油・ガス需要は減り、エクソン・モービルやシェブロン(同業他社)の株価は軒並み下落しました。

エクソン・モービルに至っては、年初来70ドルもあった株価が最大で30ドル付近まで急落し、第1・2四半期決算では厳しい業績を残しており、今年は増配を見送ったものの、ここ最近では大手製薬会社がコロナワクチン治験薬における明るい見通しを発表してから、一転してエクソン・モービルは第3四半期には好成績を残しています。

11/9、新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーとドイツのバイオエヌテック(BioNTech)は治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表したことで、市場は好反応しており、急落した銘柄が買われ、エクソン・モービルの株価も大きく上昇しています。

エクソン・モービル(XOM)の下落相場は終焉か?

エクソンモービル(XOM.N)

エクソン・モービルは執筆時点で株価は30ドル台と低迷しており、過去の株価のチャートを振り返ると、まだまだ歴史的な安値で推移していることが分かります。

私はエクソン・モービルに始めて投資をしたのが2019年頃で、その頃は70ドル付近を推移しており、当時の配当利回りは5%台もあったりと十分とも言える高配当の水準に相応していました。

エクソン・モービルの保有している口数は6口程度ですが、平均取得単価が70ドルのため、40%近くの含み損を抱えている状態です。

エクソン・モービル(XOM)

>>エクソン・モービルの最新の株価情報ページはこちら

コロナ拡大により2020年は株価は一気に30ドル台に急落し、下落相場の影響で配当利回りは10%と急上昇しており、今までにない水準まで上がっています。

増配をストップしてしまうと、さらに株価は低迷する恐れがあるため、エクソン・モービルの経営陣は配当を維持するために人員削減や資産売却などをしており、第3四半期の配当はなんとか維持となりましたが、同社が抱える深刻な問題は解決していない状態です。

2021年は新型コロナウイルスの収束の可能性があることと、天然ガス事業などを推進していくことが予想され、エクソン・モービルの株価は下げ幅よりも、上げ幅の方が大きいのではないかと見ています。

まだ危険信号が続く中、コロナ終焉を織り込む上昇相場が続いてくれることを期待し、2021年は株価回復してくれたらいいなと思っています。

エクソン・モービル(XOM)の買い増しのチャンスを見事に逃す

エクソン・モービル(XOM)

11/09(月)、米国ファイザー社が新型コロナワクチンの治療成果に関する明るい報道があり、NYダウは高値更新しており、権利落ち日が近いエクソン・モービルを試しに買い増ししようと、指値にかからず買い増しは失敗に終わっています。

エクソン・モービル(XOM)

買い増しの大きなチャンスを逃しましたが、エクソン・モービルの投資金額はポートフォリオ全体の5%以内に収めようと考えているため、機会があれば資金を投入してもう少し投資してもいいかなと考えています。

配当利回りは十分に魅力的ですが、2021年も同社の株価が30台で低迷が続いた場合、企業が生き残るには減配に踏み切るしかないのではないと、一旦減配を想定したシナリオを考えなければいけないと思っています。

ひとまず、急落したエクソン・モービルの株価が40ドル台まで回復してくれるかどうか、要注目しています。

配当貴族の地位を守るために、同社の経営陣はいかなる手段に踏み切るところでしょうが、個人的には一旦思い切って減配した方がキャッシュフローの確保につながり、設備投資をすることで経営の立て直しになると考えているからです。

米国企業は「企業は株主」思考が強いため、日本では論外ですが、株主のために出来るだけ配当を維持しようとする姿勢には驚きを感じます。

2020年はオイルメジャー企業にとって苦しい一年でしたが、2021年は石油需要が回復し、エクソン・モービルやシェブロンの業績が回復してくれることを期待しています。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。