米国株(個別で高配当)

【米高配当株】インベスコ(IVZ)の権利落ち日が近いので買い増ししました

インベスコ(IVZ)

私が米国株式に投資を始めたのは2018年夏くらいのことで、当時は右も左も分からなく、とりあえず「PFF」という毎月分配金を支払ってくれる銘柄を購入するところからスタートしたが、今や結構な銘柄数を保有するところまで進歩出来たと思っている。

保有銘柄がトータルで21個になってしまったものの、全体の運用資金がたった85万円のため、2020年は可能であれば資産を2倍の150万円に増やしたいところだ。

そのためには高配当株から得た配当金を全力で再投資し、毎月の給与より1~2万円追加入金するのと、賞与といったまとまったお金が入るような月にはドーンと20万円くらい足したいところである。

20世紀最大の物理学者とも言われるアインシュタインが「人類最大の発明」、「宇宙で最も偉大な力」と呼んだものが何かご存知だろうか?

特殊相対性理論? ブラウン運動の理論?いやいや、 正解は「複利」だというのだ。

つまり、再投資という複利の力を活かすことで、「元本だけでなく、利子が利子を生む」という考え方を指しており、配当金を再投資することで気付けば投資資産は30年後、労働人生を引退した頃には莫大になっている可能性があると考えている。

私が保有している米国株の中でも、高配当を誇るインベスコ(IVZ)の権利落ち日が02/12と迫るため、とりあえず配当金をもう少し貰えるように買い増しております。

インベスコ(IVZ)の権利落ち日が近いので買い増ししました

インベスコ(IVZ)

インベスコ(IVZ)は元々、21口を保有していたので、今回は4口を追加しており、合計で25口ほど保有することにした。

2020年02月04日現在、株価は1株17ドルのため、約2,500円くらいあればインベスコを1口購入することが可能だ。

インベスコはたった1株保有しているだけで、年間で4回もの配当金という不労所得を貰うことができ、権利落ち日は2月、5月、8月、11月で配当金の支払いはその翌月となっている。

ちなみにインベスコの配当金は1株あたり0.31ドルのため、25口の場合は貰う予定の配当金は合計で7.75ドル(約800円)くらいと予想している。

インベスコ(IVZ)はQQQというETFを運用していることでも有名

ちなみに、インベスコはナスダック100指数に連動するETF(ティッカーQQQ)を運用していることで有名でもある。

QQQはどのようなETFというと、アメリカのNASDAQ100に上場している企業に投資している銘柄で、アップル(AAPL)、マイクロソフト、アマゾン、フェースブックなどの大型企業がQQQのポートフォリオに含まれる。

ナスダック100指数は、ナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数である。

QQQが投資している米国株の上位TOP10銘柄はこちら。

銘柄 割合
アップル 12.65%
アマゾン 11.05%
マイクロソフト 9.76%
アルファベット 8.97%
フェイスブック 4.77%
インテル 2.55%
シスコシステムズ 2.54%
エヌビディア 1.93%
コムキャスト 1.93%

日本でのインベスコの事業展開

  • インベスコ・アセット・マネジメント株式会社
  • インベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インク
  • インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人は国内の証券会社でも購入することができるJ-REIT(不動産投資信託)であり、主に都内のオフィスに投資をしている銘柄である。

インベスコ(IVZ)は配当利回り7%の高配当銘柄

インベスコは世界20カ国で資産運用サービスを展開している米国企業であり、連続増配年数が8年以上と優良銘柄だと考えている。

配当利回りは7%と高く、直近だと日本人に人気なアルトリア・グループがインベスコに近い利回りを誇る高配当銘柄だ。

ちなみに国内の株式市場では配当利回り7%と聞くと思い浮かぶ銘柄はあまりないため、やはりインベスコのようながっつりと配当金を捻出する企業はアメリカには多数存在する。

何故そんなに高い配当金を投資家に支払うか?と答えは、アメリカにはケチケチとした日本企業とは違っており、株主還元として配当金を大いに還元してくれるがあるからだ。

つまり、配当性能としてはアメリカと日本では差がある。

インベスコ(IVZ)についてどの銘柄なのか、以前に書いた記事があるのでこちらを紹介。

インベスコ(IVZ)
【米高配当株】配当マシーン?インベスコ(IVZ)の魅力に迫る!インベスコ(IVZ)は米国株の高配当銘柄で、世界20カ国に投資関連事業を営んでいる企業である。...
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。