ポートフォリオ

【米国株ポートフォリオ】コロナウイルスショックでエクソン・モービルを始めとする他の米国株の下落が止まりません

米国株・時価総額ランキング

どうもお疲れ様です!

コロナウイルスのせいでリーマンショック以来の世界的な株安、円高というダプルパンチ現象が起きています。

ここ最近では、コロナウイルスショック、原油安問題や米国利下げの影響もあり、日経平均はみるみるうちにどんどん下がっていき、2月は2万2~3千円もあった日経平均が1万6千円台と何といっても毎日恐ろしい下落が続いている状況です。

日経平均がつい数日前まで2万超えていたのに今の相場は目からうろこが出てしまいますね。それに中国政府は「コロナウイルスを持ち込んだのはアメリカ人」だと無責任な発言したりと、もう訳がわからない状況です。

日本株に関しては日経平均が2万円代超えていた時にすべて売却しており、今は米国株と米国ETFのみ保有している状況です。もし日本株を売却せず、そのままホールドしていたら含み損もあまりに下痢が毎日止まらないかも知れません。

現在、 米国株式市場も日本の株式市場も株価が大暴落しておりまして、NYダウについては現在2発目のサーキットブレーカーが発動されたあと、保有中の株の評価損益が信じられないスピードで減っています。

今年の2月上旬までは米株で数万円くらいの含み益があったのですが、ここ最近起きているコロナウイルスショックにおいて含み益もろとも全て吹っ飛んでいる状態です。

コロナウイルスの発祥地が憎いというか、市場に与えているインパクトがあまりにも大きすぎて、下手すると持ち株は半分になってしまうかも知れませんが、長期保有すると心中決めてあるので、膨大な含み損と共に細々と毎日を過ごそうと思います。

保有中の米国株

銘柄 口数 取得単価 現在価格 利回り
BHPグループ 5 49.70ドル 30.93ドル 8.06%
チャイナモバイル 1 42.30ドル 33.89ドル 5.07%
GAP 3 12.36ドル 10.07ドル 8.8%
GSK 2 47.23ドル 36.51ドル 5.11%
HSBCホールディングス 14 40.14ドル 28.55ドル 8.24%
IBM 1 136.83ドル 102.81ドル 5.49%
インベズコ(IVZ) 25 16.85ドル 9.45ドル 11.11%
コールズ(KSS) 2 49.66ドル 23.01ドル 9.89%
アルトリア・グループ(MO) 10 41.08ドル 36.42ドル 8.30%
PBCT 4 15.90 11.21ドル 5.68%
AT&T 30 33.66ドル 31.33ドル 6.02%
WBK 9 17.17ドル 10.65ドル 9.69%
エクソン・モービル(XOM) 6 70.83ドル 37.18ドル 8.28%

この表を見て思ったことが一つ。今はまさにリーマンショック級の暴落が世界の株式市場で起きるといっても間違いないでしょう。

リーマンショックは一つの大きな銀行が破綻してから他の企業が共倒れしましたが、それから2012年の政権交代の時は日銀が異次元な金融緩和をした影響もあり、株価は回復へと向かいました。

だが、今は状況がかなり違っていて、金融政策が難しい状況に直面しています。つまり、ウイルスが収束しない限りは何らかの大きな政策、例えば消費税を0にするとか、国民一人あたりに現金30万円を配布してみるとか、しない限りは国民の消費は増えないどころか小売店は閉業に追われる可能性すらあります。

保有中の米国株の配当利回りが株価下落の影響により、利回りが上昇している銘柄がほとんどで、5%を超える株がごろごろ増えています。

その中でも、原油安の影響を一番に受けているエクソン・モービルの株価が取得した当時に比べると、株価が半分になりつつあります。そんなエクソン・モービルは連続増配年数30年以上の企業ですが、果たしてこんな危機的な状況の中でも2020年は増配してくれるかどうか焦点になると思います。

しかし、コロナウイルスの影響により株安が続いており、このタイミングで投資を始めた人こそいずれ楽しい配当生活ができるという勝手な想像をしています。

保有中の米国ETF

銘柄 口数 取得単価 現在価格 利回り
EMLC 12 33.62ドル 29.02ドル 6.60%
EWM 4 32.04ドル 21.70ドル 3.38%
HYEM 30 23.67ドル 21ドル 6.35%
HYZD 10 23.34ドル 18.84ドル 5.87%
IFGL 10 29.39ドル 23.46ドル 8.50%
JNK 3 107.43ドル 96.09ドル 5.78%
PFF 24 36.75ドル 31.34ドル 5.56%
SPYD 35 38.10ドル 25.51ドル 5.64%
YYY 24 17.84ドル 13.30ドル 10.41%
ZMLP 28 12.24ドル 5.61ドル 24.09%

米国株に続いて、米国ETFも全て評価損益が真っ赤になっています。つまり全ての銘柄がマイナスになっていますね(笑)

ついに債券ETFまでもが下落しています。株式に比べると、債券ETFであるJNK、HYZDは値動きが横ばいですが、さすがのコロナウイルスショックを目の当りにして株価が下落しています。

ZMLPに関して、以前までは配当利回りが12%だったのに、今は株価が半分まで下落してしまった影響もあり、配当利回りが20%超えという異常事態になっています。

多分この銘柄、そのうち減配する可能性が非常に高いので、今のところ追加買い増しする予定はないし、もっと時価総額が大きく、配当利回りの低いETFを買っていくことを強く検討しています。

ポートフォリオを見直して安全なETFに投資していく

今投資中の米国株と米国ETFの銘柄はとりあえずそのまま放置プレイし、安全かつ純資産が大きいETFをポートフォリオに入れるために新たな銘柄3つに対し、投資を考えています。

例えば、現在S&P500に連動するETFであるVOOの配当利回りは2.5%前後となっており、純資産が全てのETFの中でも4位にランクインしているから、安全面を考慮しつつ、検討しているETFの一つです。

その他にも、債券ETFとして有名なBND、アメリカを除く先進国の株式市場に投資しているVEAもリスクを抑えた銘柄となっているため、給料が入った日には1口ずつ程度購入しようと考えています。

バンガード・S&P 500 ETF (VOO)

バンガード・S&P 500 ETF (VOO)
【海外ETF】バンガード・S&P 500 ETF (VOO)は下落相場に強く、初心者におすすめできるETFバンガード・S&P 500 ETF (VOO)は配当利回り2.5%で純資産15兆円と巨大なETFであり、大型株や中型株に投資しています。...

バンガード 米国トータル債券市場ETF(BND)

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
【米国債ETF】バンガード 米国トータル債券市場ETF(BND)の紹介BNDは株価とチャートの安定感が凄い米債券ETFであり、配当も安定で株暴落でも安心です。...

バンガード FTSE先進国市場(除く米国) ETF(VEA)

【海外ETF】バンガード FTSE先進国市場(除く米国) ETF(VEA)
【海外ETF】バンガード FTSE先進国市場(除く米国) ETF(VEA)の紹介バンガード FTSE先進国市場(除く米国) ETF(VEA)はその名の通り、日本を含む先進国の株式市場に投資している海外ETFです。...

 

応援よろしくお願いします♪
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。