JREIT

【J-REIT】ケネディクス商業リート投資法人(3453)は配当利回り8%で生活に密着した物件を保有している銘柄

ケネディクス商業リート投資法人(3453)

巷に見かける高配当株の配当金だけで本業をセミリタイヤして生活している方の一部は、J-REIT(不動産投資信託)といった金融商品をいくつか保有しているケースがあります。

J-REITは国内の証券会社で買うことができ、保有しているだけで配当金という不労所得を生んでくれるため、投資家に人気のある金融商品ですね。

私が今購入を検討しているJ-REITとして、ケネディクス商業リート投資法人(証券番号3453)という商業施設を中心とした銘柄があります。

今日の記事ではケネディクス商業リートの特徴や保有物件などについて紹介したいと思います。

この記事のポイント

  • J-REITの中でもケネディクス商業リートは配当利回りが高く、生活に密着した物件を保有しています。
  • コロナウイルスの影響もあり、どのように株価が変化した解説します。
  • J-REITに投資する場合、ポートフォリオの割合について解説します。

ケネディクス商業リート投資法人(3453)の概要

ケネディクス商業リートはケネディクスをスポンサーとするJ-REITとなります。主に食品スーパーや専門店といった生活密着型商業施設を主要投資対象としています。

JCRからはA+といった高格付けを取得していますね。

資産規模は2,100億円以上、投資エリアは関東地区、中部地区だけでも80%を占めています。

国内の証券会社ならどこでも扱っているため、15万円程度で1口を購入することができ、年間に2回、配当金を受け取ることができます。

物件取得額 2,258億円
物件数 62棟
格付け A+(JCR)
配当利回り 8.17%
株価 159,200円
権利落ち日 3月末と9月末

ケネディクス商業リート投資法人(3453)の保有物件

ケネディクス商業リート投資法人(3453)の投資比率上位5物件

こちらの表ではケネディクス商業リートが投資している物件の中でも、取得額が最も大きい上位5位までの物件となります。

順位 物件名 取得価格 投資比率 用途
1 ブルメールHAT神戸 110億円 4.87% 郊外型商業施設
2 サンストリート浜北 107億円 4.76% 郊外型商業施設
3 ロゼオ水戸 100億円 4.45% 郊外型商業施設
4 ブルメール舞多聞 84億円 3.72% 郊外型商業施設
5 MONA新浦安 81億円 3.57% 郊外型商業施設

2位:サンストリート浜北

ケネディス商業リートが投資している取得額2位のサンストリート浜北です。静岡県浜松市の浜北区にある大型商業施設です。

サンストリート浜北
所在地 〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口2861
開設日 2007年(平成19年)7月26日

サンストリート浜北は週末になると、多くの客で賑わい、1階には「風と月」という天然温泉や多くの人気のショップ、2階にはゲーセンとファミリーレストランとショップ、そして3階にはTOHOシネマズがあったりと、地域の住民に多く利用されています。

実はサンストリート浜北から少し近いところに住んでいまして、実際に映画を見に行くときはサンストリート浜北まで足を運ぶことがあります。

よって、ケネディクス商業リートがこの物件を売却しないことを祈ってます・・

ケネディクス商業リート投資法人(3453)の地域別取得額の比率

関東地区 43.5%
中部・近畿地方 37.2%
東京23区 7.2%
主要5区 4.3%
その他地域 7.9%

ケネディクス商業リート投資法人(3453)のチャート

ケネディクス商業リート投資法人(3453)ケネディクス商業リート投資法人(3453)のチャートはSBI証券より引用

ケネディクス商業リートは2015~2019年の間、株価は20~30万円あたりを推移しています。

2020年の新型コロナウイルスショックにより、株価は一気に27万から15万円前後と暴落しています。

チャートを見ると瀧のように垂直に落ちていますね(笑)いわゆる「ナイアガラの滝」のようなチャートの形です。

新型コロナの影響により、商業施設をはじめとするリート以外にホテル、住居、オフィスなど、あらゆるセクターのJ-REITが軒並み下落をしています。

しばらくは株価は回復しないかも知れませんが、逆に安値で買うでもチャンスでもあるかなと思っています。ただし、夏のボーナスといったまともな資金が入らないと貧乏人の私には現時点で買えないという悲しい現実です・・

いずれにしてもコロナウイルスは終息する可能性はあると思いますが、今の株価では1口買いたいところです。

ケネディクス商業リート投資法人(3453)の分配金

参考までに、ケネディクス商業リートが上場してから過去5年間の分配金の履歴を掲載しておきます。3月末、9月末までに1口以上保有することで、その3ヵ月後に配当金を受け取ることが可能です。

2020年03月現在、株価の下落に伴い配当利回りは8%まで上昇しています。高い利回りですが、1つの銘柄への集中投資はリスクが高いことを意識しなくてはなりません。

期末日 実績分配金(円) 予想分配金(円)
11 2020-09-30 6,506
10 2020-03-31 6,501
9 2019-09-30 6,486 6,480
8 2019-03-31 6,477 6,416
7 2018-09-30 6,299 6,245
6 2018-03-31 6,255 6,200
5 2017-09-30 6,115 6,051
4 2017-03-31 6,044 6,040
3 2016-09-30 5,974 5,865
2 2016-03-31 6,846 6,800
1 2015-09-30 7,414 7,204

最後に

J-REITは配当利回りが高いという魅力はありますが、株価の値動きが激しいため、ボラリティが高い金融商品であり、不況には弱いというデメリットがあります。

例えば、2020年03月の世界を震撼させた新型コロナウイルスショックにより、ホテルを中心としたJ-REITは軒並み売られ、株価は半分以上も下がった銘柄もごろごろ存在し、追随して住居、オフィス、商業施設関連のリートも大きく下落しています。

よって全体の投資資産のうち、J-REITの保有比率は10~20%以内までに収めると良いと考えています。仮に1,000万円を株式投資されているなら、リスクの許容範囲として200万円以内までと見ていますが、投資スタイルは人それぞれでしょう。

今回紹介したケネディクス商業リートでは他に気になっているJ-REITは森ヒルズリート投資法人です。

森ヒルズリート投資法人(3234)
【J-REIT】新型コロナウイルスの影響で株価下落した森ヒルズリート投資法人(3234)の紹介【J-REIT】新型コロナウイルスの影響で株価下落した森ヒルズリート投資法人(3234)の紹介...

「六本木ヒルズタワー」を運用していることで有名なJ-REITとなります。

まとめ

  • ケネディクス商業リート法人は商業施設リートの中でもコロナウイルスにより、株価は大きく売られ配当利回りが大きく上昇しています。
  • 配当利回りは高く魅力的ですが、過剰な投資には注意。
  • 商業リートの一つとして、資金さえあれば今なら1口買っても良いかなと思います。
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。