米国株(個別で高配当)

【ExxonMobil】エクソン・モービル(XOM)の株価・配当実績・売上高

エクソンモービル(XOM)

2020年4月頃、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で経済活動はストップし、株を売って現金化する動きで、石油の価格は下がっています。

そのため、石油を扱っている多くの企業では株が売られ、力のない米シェール企業は経営破綻するという異常事態も起きています。

本日は日本投資家にお馴染みで世界大手石油メーカーのエクソン・モービル(NYSE:XOM)について株価、決算、配当実績について紹介する記事です。

この記事のポイント

  • 私もわずかながらもエクソン・モービルには投資していますが、原油の過剰な供給の影響で同社に対する投資は控えめです。
  • 2019年以降、石油の供給量が増えて、価格が下がった影響で、同社の株価は大きく下落しています。

エクソン・モービル(XOM)の基本データ

会社名:ExxonMobil

ティッカーコード:XOM

本社:アメリカ合衆国 テキサス州 アービング

設立年:1903年

業種:石油・ガス

従業員数:74,900

時価総額:19兆円(世界33位)

2019年の売上高:255,583,000,000(約27兆円)

配当利回り:8%(2020年5月18日現在)

エクソンモービル(Exxon Mobil、ティッカー:XOM)は、アメリカのテキサス州に本社を置く、石油や天然ガス事業などを手掛ける総合エネルギー企業です。1999年にExxon(エクソン)とMobil(モービル)が合併して誕生しています。

石油の採掘から販売までの全ての流れを取り扱う会社を石油メジャーといい、エクソンモービル(XOM)は世界有数の石油メジャーに該当する巨大企業です。

時代の変遷により、かつて世界で7社存在した欧米の石油メジャーは、今の時代ではこちらの4社の「スーパーメジャー」に再編されています。

時代の変遷により、かつて世界で7社存在した欧米の石油メジャーは、今の時代ではこちらの4社の「スーパーメジャー」に再編されています。

  • エクソンモービル(ExxonMobil)-アメリカ
  • ロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell)-イギリス
  • BP-イギリス
  • シェブロン(Chevron)-アメリカ

近年、サウジアラビアとロシアの原油価格の全面戦争、中国発の新型コロナウイルスの拡大懸念の影響もあり、エクソン・モービルの業績・株価ともに伸び悩んでいます。

配当貴族としても投資家には根強い人気があります

配当貴族とは25年以上増配した企業のことを指しており、米国には現在85社の配当貴族銘柄があるのに対し、我が美しい国、日本では花王たった一社です。

エクソンは1948年以降減配がなく、1983年からは37年連続で増配しており、その間の平均増配率は6.2%。

2008年のリーマンショックを乗り越え、その当時でも増配していますので、投資家の間では根強い人気を持っています。

S&Pの評価

各付け会社のスタンダード・プアーズ(S&P)ではエクソン・モービル(XOM)の債務各付けをAAと評価しています。

記号はAから始まり、B、C、Dと続きます。Aは最も信用度が高く、Dは信用度が低いということです。

AAは、上から数えて3番目の格付けで、エクソン・モービルの財務は安定という高評価があります。

投資格付けの評価について

大手石油メーカーではAAの評価を持つ企業はエクソンとシェブロンの2社のみです。

エクソン・モービル(XOM)の直近の決算

エクソン・モービル(XOM)

原油と天然ガスの探鉱・生産・輸送・販売及び、石油製品の製造・輸送・販売等を展開する、エクソンモービル(Exxon Mobil Corporation)、2020年第1四半期の業績を紹介します。

2020年第1・四半期の決算

  • 最終損益:マイナス6億1000万ドル(約650億円)の赤字(前年同期比は+23億ドル)
  • EPS:-0.14ドル

第1・四半期決算では、新型コロナウイルス流行を受けた原油の需要減退や価格急落が業績の打撃となり、米シェールオイル生産に急ブレーキがかかってしまったことで決算内容は悪い数字となりました。

エクソン・モービル(XOM)の業績

売上高・営業利益

エクソン・モービル(XOM)の売上高

エクソン・モービル(XOM)の売り上げは2016~2018年にかけて上昇しますが、2019年には低迷しています。

EPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

エクソン・モービル(XOM)のEPSとDPS

キャッシュフロー

エクソン・モービル(XOM)のCF

エクソン・モービル(XOM)の営業キャッシュフローは2016~2018年には伸びていますが、2019年には下落。

2019年は利益の殆どを配当金として支払っていますので、フリーキャッシュフローは低下しています。

財務キャッシュフロー(借入金)は断続的に返済しているので、同社の財務には問題ないと思います。

資産

エクソン・モービル(XOM)の資産

エクソン・モービルの資産の推移は横ばいです。

エクソン・モービル(XOM)の株価

エクソン・モービル(XOM)の株価

エクソン・モービル(XOM)の直近5年のチャートです。

2019年は前年比よりも減収した影響で、株価は80ドルから70ドルまで下落しています。

さらには2020年4月頃、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた原油・ガスの需要減、国際的な原油価格の急落が株価暴落に影響しています。

エクソン・モービルの株価のポイント

  • 原油の過剰な供給により、買い手不在になったため、同社の株価は一時期30ドル台まで下落。
  • サウジアラビアとロシアの原油価格の全面戦争により、同社の株価は下落。

エクソン・モービル(XOM)の配当実績

1株あたり配当

エクソン・モービル(XOM)の1株当たりの配当金

エクソン・モービル(XOM)は連続増配37年です。増配年数が25年超えると配当貴族と称され、長年増配をしてきた同社にはインカムゲイン狙いの投資家には根強い人気があります。

過去の配当実績

エクソン・モービル(XOM)は連続増配36年の企業です。

1株投資するだけでも、年間4回も配当金を受け取ることができます。配当利回りは2020年5月18日現在、8%もありますので、かなり高配当な銘柄です。

2020年の新型コロナウイルス(COVID-19)と原油安の影響でライバル企業のロイヤル・ダッチ・シェルは第1四半期の決算を終えて、46%の減収を発表をしており、配当支払いは60%低下しています。

ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB)
【Royal Dutch Shell plc】減配したロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB)の株価・配当実績・売上高【Royal Dutch Shell plc】減配したロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB)の株価・配当実績・売上高について紹介します。...

エクソン・モービルは今のところ配当をキープしていますので、今後の決算結果にはインカムゲインの狙いの投資家は注目しています。

  • 配当の権利落ち日は2月、5月、8月、11月。
  • 配当金の支払いは権利落ち日の翌月の3月、6月、9月、12月。

過去5年の配当実績はこちらの表となります。毎年0.05ドルずつ増えています。

1Q
(12-2月)
2Q
(3-5月)
3Q
(6-8月)
4Q
(9-11月)
年間配当
2013年 $0.57 $0.63 $0.63 $0.63 $2.46
2014年 $0.63 $0.69 $0.69 $0.69 $2.7
2015年 $0.69 $0.73 $0.73 $0.73 $2.88
2016年 $0.73 $0.75 $0.75 $0.75 $2.98
2017年 $0.75 $0.77 $0.77 $0.77 $3.06
2018年 $0.77 $0.88 $0.88 $0.88 $3.23
2019年 $0.82 $0.87 $0.87 $087 $3.43
2020年 $0.87 $0.87      

最後に

エクソン・モービル(XOM)には少し投資しています

原油関連銘柄には少し悲観的です。

エクソン・モービルはS&P格付けの投資適格が高いことから、私は同社に対する投資は控えめですが米国株資産の5%のうち、エクソンに投資しています。

ただし、エクソン・モービルよりも同じ投資適格AAの評価を持つシェブロンの方が配当利回りは安定しているという情報があります。

安定性 企業名 S&P格付け
1位 エクソン・モービル(XOM) AA
1位 シェブロン(CVX) AA
3位 ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB) AA-
4位 ココノフィリップス A
5位 BP A-

エクソン・モービル(XOM)はSPYDの構成銘柄に入っている

エクソン・モービルは日本投資家に人気のあるSPYD(高配当ETF)やVOOVYMといったETFの構成銘柄の一つでもあります。

SPDR S&P 500 High Dividend ETF
人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました...

オイルメジャーへの投資リスクがある中、ETFの方が複数社に一括投資して分散投資しているため、エクソン・モービルに投資するよりもETFの方が安全です。

本日はエクソン・モービル(XOM)について解説したブログ記事でした。

ではまた(๑•̀ㅂ•́)و✧

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。