米国株(高配当ETF)

【配当金生活】アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)についてご紹介

アンプリファイ・ハイインカムETF

どうも~!!

現在、米国ETFや米国株の多くの銘柄に分散して約85万円近く投資しているねるでございます。

言うまでもなく、私が投資している金額はおそらく米国ブロガーランキングの中では最下位を誇る資金力といっても過言ではないでしょうか。

米国株の投資メリットとして、一度好きな銘柄を購入してそのまま放置すると、特に何もしなくても配当金という究極の不労所得を生んでくれるので、こうした不労所得を生んでくれる銘柄をたくさん買うことで、いつかセミリタイヤできると信じている。

セミリタイヤできる状態に突入したなら明日にでも本業に辞表を出したいくらいだが、おそらく夢のセミリタイヤ生活は10年後かも知れないし、20年後かも知れない・・神のみぞ知る。

米国ETFには数多くの銘柄が存在しており、大型企業に投資している銘柄や世界の不動産など様々であり、その中でも特に配当利回りが高いのは債券というセクターに投資しているETFだ。

有名な銘柄といえばJNK、HYEM、HYZDといった債券クラスに投資しているETFなどが存在するが、それらの配当利回りは5%くらいで、それを遥かに凌ぐ異次元な利回りを持つ銘柄が存在する。

それが、アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)という名のハイリスク・ハイリターンな銘柄だ

アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)について

アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)は高配当のファンド、ハイ・イールド債券、ジャンク債に投資しているETFのことであって、配当利回りは債券ETFの中でもトップクラスであり、信託報酬は0.5%と高めに設定しており、初心者には手出し無用のETFだと思っても良い。

ハイ・イールド債とは、利回りが高く信用格付が低い債券のことで、ジャンク債などともいわれている。

イールド(yield)とは、直訳すると、収益、利回りという意味となります。 具体的には、格付会社などで信用格付がBB(ダブルビー)以下の評価をされている債券で、信用度が低い分、格付の高い債券より金利が高く設定されているようだ。

債権型のETFということもあって、分配金は毎月支払っており、配当利回りは驚異の8.78%も誇る高配当ETF。他の債券型のETFの場合、利回り5%前後とした銘柄は多く存在するが、8%を超える銘柄は他にはおそらく存在しないだろう。

設定日 2012年06月11日
権利落ち日 2020年01月29日
分配回数 年に12回(毎月配当金あり)
配当利回り 9.37%
株価 16.38ドル(2020/02/29現在)
経費率 0.50%
1株の配当金 0.13ドル

アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)の構成上位銘柄

YYYが保有している上位の10銘柄となります。基本的には個人では中々変えそうな債券にYYYは投資しています。

ティッカー ファンド名 保有比率
EMD WESTERN ASSET EMERGING MARKETS DEBT FUND INC. 4.94%
VTA Invesco Dynamic Credit Opportunities Fund 4.40%
HIO Western Asset High Income Opportunity Fund Inc 4.36%
GIM Templeton Global Income Fund 4.35%
BGP Blackstone / Gso Strategic Credit Fund 4.30%
GDV THE GABELLI DIVIDEND & INCOME TRUST 4.29%
GHY PGIM Global High Yield Fund Inc 4.28%
JFR Nuveen Floating Rate Income Fund 4.27%
ISD PGIM High Yield Bond Fund Inc 4.26%
EVV Eaton Vance Ltd Duration Income Fund 4.24%

アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)の分配金履歴

YYYのETFを権利落ち日まで保有すれば、翌日には証券会社に配当金がちゃりーんと振り込まれるようになる。

YYYの配当金は2017年01月26日の権利落ち日までは1株0.16ドル(約20円)程支払っていたが、それからは少し減配するものの、現在では1株あたりの配当金は0.13ドルで落ち着いているようだ。

権利落ち日 1口あたりの分配金
2020年01月29日 0.1300ドル
2019年12月23日 0.1300ドル
2019年11月22日 0.1300ドル
2019年10月26日 0.1300ドル
2019年09月26日 0.1300ドル
2019年08月26日 0.1300ドル
2019年07月25日 0.1300ドル
2019年06月25日 0.1300ドル
2019年05月25日 0.1300ドル
2019年04月25日 0.1300ドル
2019年03月25日 0.1300ドル
2019年02月25日 0.1300ドル
2019年01月28日 0.1300ドル
2018年12月24日 0.1300ドル
2018年11月27日 0.1300ドル

アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)の株価

アンプリファイ ハイインカムETF(YYY)アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)のチャートはSBI証券より引用

アンプリファイ ハイインカムETF(YYY)は2012年末に上場したETFであり、チャートを見ての通り、値動きは比較的に安定している。

2014年、7月あたりは高値となる株価25ドルを更新しており、その後の最安値は2019年の1口16ドルを記録しているが、変動幅は債券ETFならでは横ばいだ。

株価は現在、1株17ドル付近を推移しているため、もしあなたが30万円の資金を投じれば1カ月に約2,000円の分配金を得ることができるため、配当金でそのまま再投資することも可能だ。

YYYは2017年1月までには1口0.16ドルの配当金を支払いしていたが、2017年2月以降は1口0.13ドルと0.03ドル程度減配しているため、YYYを保有する時の注意点として、減配リスクがあることを頭に入れておこう。

それでも、何もしなくても配当金という究極の不労所得を毎月生んでくれるため、通称「金の卵」とも勝手に呼んでいるが、アンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)の投資先は90%以上がアメリカの債券になるため、2019年9月以降は米金利が下がる可能性もあるから、YYYにとっては追い風になる可能性もあることを期待している。

それによってアンプリファイ・ハイインカムETF(YYY)の価格も釣られて上昇するかどうかは未知ではあるが、しばらくこの銘柄は売却せず保有していくとしよう。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。