米国株(個別で高配当)

【米国株】シスコ・システムズ(CSCO)はネットワーク機器における優良企業

シスコシステムズ(CSCO)

本日は世界的に有名なネットワーク製品を製造、販売しているシスコ・システムズ(CSCO)について紹介する記事です。

シスコはあまりにも有名過ぎるので、国内のIT業界に従事している方ならどなたでも一度は耳にしたことある企業です。

この記事のポイント

  • シスコ・システムズは有名なネットワーク製品を製造・販売している会社で新型コロナウイルスに強い銘柄であり、私が購入を考えている株です。
  • 時価総額は国内が誇る1位のトヨタ自動車よりもわずか上で、シスコ・システムズは財務が健全です。

シスコ・システムズ(CSCO)はどんな会社?

会社名:シスコ・システムズ(Cisco Systems, Inc.)

本社:米国カリフォルニア州

設立年:年

業種:通信・ネットワーク

従業員数:75,900名

時価総額:176,081.30万ドル(約18兆円)

2019年の売上高:(約5兆円以上)

シスコ・システムズ(Cisco Systems, Inc.)は世界中のネットワークを開発・接続するために一連の製品を設計・販売し、サービスを提供し、統合ソリューションを提供する企業です。

シスコ・システムズと言えば身近なものとしてルーターが挙げられ、シスコ社のルーターはセキュリティがとても高く、高評価があります。

その他、スイッチングハブ、サーバーや無線、セキュリティなど成長市場含め様々なカテゴリーの製品を取り扱います。

国内の証券会社(例えばSBI証券)では個人でも1株から投資をすることができ、今ならたった5,000円以内で1株投資することができます。

日本株とは違い、米国株は1株から株主になることができて、しかも配当回数は年4回もある銘柄がほとんどですね。

業績が低下して減配大好きな日本企業とは違い、米国企業は配当重視する傾向があります。いわゆる株主ファーストな国です。

システム・システムズ(CSCO)の事業

シスコ・システムズ(CSCO)の投資情報

株価 41ドル(2020年04月17日)
予想PER 14.81倍
予想EPS 2.80
ROE 32.54%
自己資本比率 37.16%
配当利回り 3.41%
1株あたりの配当金 1.41ドル(年間)
権利落ち日 1月、4月、7月、10月(年4回の配当)
WEBサイト https://www.cisco.com/

株主から預かっているお金をどれだけ効率的に利用して利益を生み出しているかを測る指標で、一般的にROEが20%以上の企業は優秀と言われています。

米国企業は昔からROE重視の経営を行っている会社が多いため、日本企業と比較しても高ROE銘柄を良く見かけます。

しかし、日本ではこれまでROEを重視した経営をしていない会社が多かったのも事実です。

シスコ・システムズはROEが30%以上もある企業なので、投資するのに多いに値する企業でしょう。

シスコ・システムズ(CSCO)の株価

シスコ・システムズ(Cisco Systems, Inc.)

シスコ・システムズは直近の9年間の場合、2011年の円高の時に株価はわずか15ドルとその当時が絶賛の買いチャンスだったと思います。

好調な決算や自社株買いの増額を背景に、2018〜19年にかけて大きく上昇しています。

2019年には株価が50ドルを超えましたが、米中貿易摩擦の影響で、アメリカが中国向けの製品に関税が課されることや、それに対抗して中国がシスコ・システムズの製品を排除したことで株価が急落。

シスコ・システムズ(CSCO)は現在、世界時価総額が18兆円と33位にランクインしています。ちなみにトヨタ自動車は35位と差が小さいです。

シスコ・システムズ(CSCO)の配当実績

新型コロナウイルスの影響で多くの企業の業績が低下していく中、シスコ・システムズ(CSCO)は今年も増配しています。

連続増配年数は8年です。

シスコ・システムズの株を1口だけでもこちらの権利落ち日までに保有していると、翌月に配当金を貰うことが出来ます。

配当利回りは3%あります。国内銀行の預金(0.01%)に比べると300倍以上高い計算ですね。

権利落ち日 1株あたりの配当金
2020-04-02 0.36ドル
2020-01-02 0.35ドル
2019-10-03 0.35ドル
2019-07-03 0.35ドル
2019-04-04 0.33ドル
2019-01-03 0.33ドル
2018-10-04 0.33ドル
2018-07-05 0.33ドル
2018-04-04 0.33ドル
2018-01-04 0.29ドル
2017-10-04 0.29ドル
2017-07-05 0.29ドル
2017-04-04 0.29ドル

シスコ・システムズ(CSCO)の売上高

2021年(予想) 52,528,644,500(約5.6兆円)
2020年 51,016,844,700(約5.5兆円)
2019年 51,904,000,000(約5.5兆円)
2018年 49,330,000,000(約5.3兆円)
2017年 48,005,000,000(約5.2兆円)

シスコ・システムズ(CSCO)は高セキュリティルーターといったネットワーク機器で世界的に高いシェアを誇っていることで、情報技術の銘柄としてポートフォリオに加えても良いと判断しています。

シスコ・システム社に直接しなくても、VOOVYMといった多くの企業に一括投資しているETFに投資することで、間接的にシスコ・システムに投資することになります。

個人的には長期的に保有したい銘柄であるため、ひょっとしたらそのうち直接投資するかも知れません。良い銘柄にはとことん手を出します。

バンガード・S&P 500 ETF (VOO)

バンガード・S&P 500 ETF (VOO)
【海外ETF】バンガード・S&P 500 ETF (VOO)は下落相場に強く、初心者におすすめできるETFバンガード・S&P 500 ETF (VOO)は配当利回り2.5%で純資産15兆円と巨大なETFであり、大型株や中型株に投資しています。...

バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
【高配当ETF】バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)は初心者におすすめできる米国ETF【高配当ETF】バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)は初心者におすすめできる米国ETFであり、配当利回りも3%と低コストなETFです。...
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。