ポートフォリオ

【配当金生活】4月の米国株と米国ETFのポートフォリオと配当金について

高配当米国ETF

新型コロナの影響でゴールデンウィークはとても静かに感じます。

本日は4月の米国株と米国ETFからいただいた配当金のまとめ、新規に購入した銘柄について紹介します。

この記事のポイント

  • 新型コロナの影響もあり、これから伸びそうな予感がするヘルスケアと生活必需品の株を中心に新規購入しています。
  • また、原油価格が絶賛下落中の影響により、今まで保有していたZMLPという高配当ETFを売却しています。
  • 4月は1~3月に比べると配当金の受領額が少なかったため、配当金だけでは買い増しが出来なかったので、追加入金しています。

4月の米国株と米国ETFの配当金

さて、いきなり本題に入りますがが、4月にいただいた配当金の銘柄をまとめて公開。

配当金を貰うにはまず配当金を支払ってくれる銘柄を持つ必要があるので、高配当だからといって何でも良いっていう訳ではない、ということに最近気づきます。

米国株の個別銘柄

GSK 122円
KSS 149円

保有中の米国個別株からの合計配当金は271円です。

個別株の配当金の説明

  • GSKはグラクソ・スミスクライン社で、英国の医療メーカーです。投資額が少ないので、当然ながら配当金も少ないですね。この銘柄は年2回の配当金なので、次回に向けて増資予定です。ちなみに新型コロナの治療薬を開発中とのこと。
  • KSSはアメリカのコールズ社です。主にアパレル関連の企業で、新型コロナの影響で大赤字にも関わらず配当金を支払ってくれました。減配か無配に転落する可能性が高いので、アパレル関連の銘柄は買い増しする予定は今のところありません・・

米国ETF

EMLC 166円
HYEM 386円
HYZD 93円
IFGL 211円
JNK 134円
PFF 404円
YYY 276円
ZMLP 814円

米国ETFからいただいた合計配当金は2,471円です。

今回は個別株+米国ETFの合計配当金は2,742円。

日本株に比べると米株は取引単位がたった1株なので、今回いただいた配当金では再投資できる銘柄さえあります。

その点、日本株よりも米国株に投資すると資産形成がしやすいというメリットがありますね。

そのうち再投資しまくって、いずれ毎月数万円くらい貰うようになれば、身も心も安定するようになるかと思います。

4月の売買履歴

新規に購入した米国株と米国ETF

4月はこちらの銘柄を新規に購入しました。

銘柄 種類 銘柄の詳細
ファイザー(PFE) 個別株 医療・医薬品製造・販売企業
ユニリーバ(UL) 個別株 生活必需品の製造・販売企業
VYM ETF S&P500の約400銘柄に一括投資している初心者向けのETF
RWR ETF 米国の不動産投資信託
ユニリーバ(UL)とファイザー(PFE)
【米高配当株】予告通り、米国株ファイザー(PFE)とユニリーバ(UL)の株を購入しました宣言通り、ユニリーバ(UL)とファイザー(PFE)の米国株を少し購入してみました。配当利回り3~4%の安定した米国株です。...

購入したきっかけについて

  • 新型コロナの影響もあってか、これからはヘルスケア、生活必需品の銘柄が伸びていくだろうと、ポートフォリオを安定させたかった。
  • ファイザーもユニリーバも債務格付けの評価が高いため、個人的には信用できる会社で長期保有を考えていますね。こうした優良企業には積極的に投資していきたいものです。

医療・ヘルスケアの最強銘柄としてジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)なども存在しますが、株価がちょっと高値っぽいなと思って手を出しませんでした・・

でもVYMの組み込み銘柄に含まれているので、間接的に投資してる気分で良しとしましょう(笑)。

売却した米国ETF

銘柄 種類 銘柄の詳細
ギャップ 個別株 アパレル関連
ZMLP ETF エネルギー関連のETF

ギャップは無配に転じたのでとりあえず売却。新型コロナの影響でアパレル業界は客激減で苦しい時期を迎えています。

保有していたZMLPというエネルギー関連のETFを全て売却しました。さようなら糞株!

理由は株式合併したのと、原油価格暴落の影響で追随してZMLPも下落したので、保有したところで魅力を感じなくなった次第であります。

エネルギー・石油関連の銘柄は個別株のエクソン・モービル(XOM)のみになりましたが、連続増配年数37年目にして業績悪化に伴い、減配リスクの可能性が浮上してきました。

エクソン・モービル(XOM)は今まで順調に増配してきましたが、ライバル会社のロイヤル・ダッチシェルが減配したり、ちょっと雲行きが怪しくなってきました・・

保有銘柄の状況

米国個別株

銘柄 口数 現在値(ドル) 取得単価(ドル) 評価額(円)
BHPグループ 5 38.44 49.07 -6,167
チャイナモバイル(CHL) 1 38.76 42.30 -457
グラクソスミスクライン(GSK) 5 41.21 43.84 -2,068
HSBCホールディングス 14 25.28 40.14 -23,521
IBM 1 121.87 136.83 -1,894
イウタ・ウニバンコ 13 4.05 4.61 -894
インベスコ(IVZ) 29 7.99 15.62 -24,364
コールズ(KSS) 2 17.64 49.66 -6,969
アルトリアグループ(MO) 10 37.91 41.08 -3,621
PBCT 4 11.97 15.80 -1,792
ファイザー(PFE) 4 37.64 36.63 +275
AT&T 36 29.90 33.19 -16,025
ユニリーバ(UL) 4 51.50 52.32 -446
ウェストパックバンキング 10 9.79 16.40 -7,783
エクソンモービル(MO) 6 43.14 70.83 -18,546

含み損ランキングはこのようになっています。

  1. インベスコ(IVZ):業績悪化に伴い、減配になりました・・
  2. HSBCホールディングス:こちらも新型コロナの影響で今年は無配になりました・・
  3. エクソン・モービル(MO):原油安、新型コロナの影響で株価が下落しています。

要するに含み損地獄の発生源は全て忌まわしい中国・武漢発の新型コロナウイルスにあります(怒)

でも心配することはありません。きっとそのうち、米国のギリアド・サイエンシズ(GILD)新型コロナに有効となる治療薬を完成する日が近いでしょう。

米国ETF

銘柄 口数 現在値(ドル) 取得単価(ドル) 評価額(円)
EMLC 12 28.59 33.62 -7,650
EWM 4 23.02 32.04 -4,477
HYEM 30 20.32 23.67 -12,340
HYZD 10 19.77 23.34 -4,433
IFGL 10 22.00 29.39 -8,764
JNK 3 96.96 107.43 -4,409
PFF 25 33.96 36.62 -10,081
RWR 2 75.11 74.92 -25
SPYD 44 26.62 35.81 -45,649
VYM 1 75.92 76.50 -129
YYY 24 13.41 17.84 -12,805

保有している米国ETFの評価損は全てマイナスで真っ赤ですねw

今のところ、買い増しを考えている銘柄はこちらです。

最後に

新型コロナの影響で人類の未来は変わりました。

東京オリンピックの開催延期、休業要請に伴い相次ぐ企業倒産、飲食業の赤字などなど・・

政府はその対策の一環として、国民一人あたり10万円という給付金を一律配布すると決めています。

しかしその原資はどこから出てくるのか?政府は赤字国債を発行しますよね、きっと。

結局は赤字を膨らまして補填する訳ですから、そのツケはいずれ国民が負担することになり、将来的には増税、インフレなどが起きる可能性があると思います。

つまり、ギャンブルでそのまま使い込むのではなく、風俗行ってボインな娘に一括して注ぎ込むのではなく、慎重に使い道を模索する必要があります。

私の場合はこのように現金10万円を使うとこちらの記事で紹介していますので、是非チェックしてみてください!

現金給付金10万円
【新型コロナウイルス】現金給付金10万円の使い道新型コロナウイルスの経済後退懸念をきっかけに、全国民に一律10万円の現金給付金を配布すると政府が発表しています。...
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。