ブログ収入

ブログ収入を米国株に全力ぶっぱします

米国株と米国ETFのポートフォリオ

このブログを始めて9カ月目に突入しましたが、ようやくブログの収益が8,000円を超えたので、Google先生がブログで得た収益を送金してくれたとのお知らせが届きました。

本日の記事では、Google先生より頂く予定の収入と、その使い道について解説していきたいと思います。

この記事のポイント

  • このブログでは主な収入源として、Googleアドセンスと提携することにより、広告収入をいただく形となります。
  • Googleアドセンスと連携している場合、収益が振り込まれるには広告費の合計金額が8,000円に達する必要があります。
  • 基本的にはブログで得た収入はそのまま米国株に全力ぶっぱする予定です。新型コロナ+増税+ハイパー少子高齢化社会のトリプルパンチで日本経済が衰退していく中、有望な米国企業に投資するスタンスには変わりはありません。

米国株ブログを振り返って

多くの米株ブロガーは自身のブログで収入を得るためにGoogleアドセンスと提携しているケースが多く、私もその一人ですが、支払い基準をクリアするためには8,000円以上に達成する必要があります。

なので、ブロガーデビューした後、自分の記事が読まれるには実践しなければいけないことがたくさんあります。

  • 今やGoogleは中身が薄い記事をたくさん量産したブログを全く評価してくれないので、一つの記事で内容の濃いページほど評価してくれるらしい。
  • ブログのアクセスを稼ぐにはブログ村、ブログランキングといったサービスを利用して、ひとまず読者を集めることも大切です。

ブログでがっつり稼ぐにはそれなりのPV数を稼ぐ必要があり、私は主に米株ブログをネタとした記事を書いているので、アクセスを増やすためにこちらのブログサービスに登録しています。

その中でも、ブログ村は上位10名のブロガーさんの記事はどれもこれも質が高く、私にとって雲の上の存在です。彼らはもはや神です。

そして上位10銘柄のブロガーさんの気になるブログ収入について調べてみると、その中の1名が公開した記事では、4月のブログ収入が諭吉さんが3枚くらい述べています。

毎月諭吉3枚稼ぐには毎月のPV数が10万近くも必要なので、今はその5分の1以下です。

振り込まれる予定のブログ収入

Googleがブログで得た収益を登録した口座に振り込むと、以下のようなメールを送信してくれます。

今のところ、5月1日はゴールデンウィークの真っ最中で金融機関がお休みなので、5月7日以降の確認になりそうです。

Googleアドセンス ブログ収入

Google先生がお金を送金すると数日後には届くとのこと。2020年5月6日時点ではまだゴールデンウィークの最終日なので、おそらく7日に着金?してくれたら嬉しいです。

そして、Googleアドセンスの管理画面にアクセスするとこのようなメッセージが記載してあります。

前回の支払い日は4月30日、支払い額は\12,947円です。

おおおおお!ななななんと諭吉様1名分+野口英世様2名分の収益です。

これなら、好きな米国株1つか2つくらい買えそうです。

なぜ米国株を買い続けるのか?

ブログで得た収入は基本的に米国株の購入に全て充てる予定です。生活費なら本業の収入で何とか賄えるので、今回のブログ収入は貴重な米国株を購入するための資金ですね。

そして、なぜ私が日本株ではなく、米国株しか買わない理由について少し述べます。

(それは1万ちょいでは気になる日本株を買えないからw)

成長が大きく見込める日本企業が少ない

世界時価総額ランキング

今は世界の時価総額ランキング50位の企業を見ると、何社くらい日本企業が入っていると思いますか?

日本でバブルだった頃は日本企業がズラリと並んでいましたが、悲しいかな、現在はトヨタ自動車たった一社ですよ。

日本は言わずもがな、少子高齢化の影響で社会保障額が不足しないよう、2019年には増税していますが、2020年には新型コロナの影響でさらにGDP低下に拍車をかけています。

そういうこともあってか、投資の神様・バフェットさんは日本企業に投資しないかも知れません。

トヨタ自動車はたまにエクソン・モービル(XOM)を抜いたり、抜かされたりという動きを淡々と繰り返していますが、トヨタ自動車以外では2位に来るのがNTTドコモ(84位)、3位には三菱UFJフィナンシャルグループ(90位)です。

それに比べると、1位~5位までは中国のアリババグループを除くと4社も米国の巨大IT企業です。

日本は赤字大国

新型コロナの影響で政府は国民に一律現金10万の配布したり、休業した企業に対する資金援助のため、赤字国債を発行しまくり、日銀はその国債を買うことで、日本はヘリコプターマネーな状態ですね。

日本の借金は日に日に大きくなっていると聞いたことがある人もいると思いますが、想像以上の金額に膨れ上がっているんです。

投資するなら迷わず米国企業にします

パソコンに搭載しているOSといえばマイクロソフト、ネットでお買い物したければアマゾン・ドットコム、ホームページを検索するにはGoogle、携帯ならiPhone、全てアメリカ製ですね(笑)

マイクロソフトやアマゾン、Googleやアップルとフェースブックを全て合わせると「GAFAM」と呼ばれており、世界を変える力があります。

日本にももちろん、有力な企業は多いと思いますが、世界を変える程の力は残念ながらありません・・

そういうこともあってか、私はこれからもしばらく株主ファースト思考な米国企業に投資を続けます。

購入予定の米国株と米国ETF

1万円ちょいのブログ収入の使い道として米国ETF1つか2つかもしくは米国個別株に投資しようと思いますが、ちょっと金額が金額なので、ちょこっと購入予定です。

個別企業に投資する場合、今までに散々失敗こいてきたので、せっかく買うなら長期保有したいと考えているし、これらの条件を満たす企業には積極的に漫勉なく投資していこうと思います。

特に医療、ITへの比率は増やしたいところです。

  • 時価総額10兆円以上
  • 業種は医療、生活必需品、情報技術、IT
  • 配当利回り2~5%
  • S&P格付けの評価がAの企業

ファイザー(PFE)1口、VYM1口を買い増し予定

ファイザーは1株40ドル近くで、VYMは80ドル近くなので、出来たら両方1口追加購入しようと考えています。

  • ファイザー(PFE)は米国大手の製薬会社です。男性が大好きなバイアグラを製造・販売している企業です。
  • VYMは米国ETFでS&P500に採用されている米国企業400社に一括投資しています。
応援よろしくお願いします♪
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。