米国株(高配当ETF)

【米国ETF】不動産セレクト セクターSPDR ファンド(XLRE)に投資をしてみました!

RWX(SPDR ダウ インター リアル エステート ETF)

米国の不動産投資信託(別名:米国リートETF)に投資をしました。

不動産セレクト セクターSPDR ファンド(XLRE)という銘柄で配当利回りは3%とぼちぼち高配当であり、このETFを保有しているだけで配当回数は年に4回も貰うことができます。

ねるねる
ねるねる
米国リートETFはお気に入りの投資先の一つであり、私が投資しているリートETFとしてはRWRに続き、XLREはこれで2社目となります。

不動産セレクト セクターSPDR(XLRE)の魅力とは?

Scentre Group

米国リートETFに投資するメリットして、一括で米国の不動産市場に投資ができるというメリットがあります。

金利上昇局面においては不動産価格が低下し、金利が低下している間は不動産価格は上昇します。

今の米国では新型コロナウイルス(COVID-19)などの不況の影響にとって、FRB(中央銀行)は金利を引き下げていますので、私は米国の不動産投資信託に少しでも資金をシフトしている状態です。

「アメリカン・タワー」、「プロロジス」といった銘柄は米国ETF(XLRE)は保有していますが、そういった個別銘柄は個人では国内の証券会社において、残念ながら買うことが出来ません。

そのため、XLREに投資することで、間接的にアメリカン・タワー、プロロジスなど計100個もの銘柄に一括投資ができるため、分散投資としては面白い投資先だなと思っています。

不動産セレクト セクターSPDR(XLRE)の保有上位銘柄

不動産の知識が全くなくても、スルガ銀行で多額の借金を背負って直接不動産を保有しなくても、こうして何も考えずに米国ETFを買うことで投資のプロが運用してくれるので、完全にほったらかし状態です。

なお、米国リート(XLRE)が保有している上位銘柄トップ10はこちらの通りです。

銘柄
数量
業種
ファンドの割合
1 AMERICAN TOWER REIT CORP 1.32百万 不動産 10.30
2 CROWN CASTLE INTERNATIONAL REIT CO 1.25百万 不動産 6.34
3 PROLOGIS REIT INC 2.21百万 その他 6.26
4 EQUINIX REIT INC 0.22百万 不動産 4.71
5 DIGITAL REALTY TRUST REIT INC 0.80百万 不動産 3.56
6 SBA COMMUNICATIONS REIT CORP CLASS 0.33百万 不動産 3.10
7 PUBLIC STORAGE REIT 0.45百万 不動産 2.69
8 COSTAR GROUP INC 0.12百万 専門情報サービス 2.57
9 AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC 0.42百万 不動産 2.01
10 WELLTOWER INC 1.25百万 不動産 1.96

https://usa-kabu.com/stock/etf_detail?ticker=XLRE 引用

アメリカン・タワー(NYSE:AMT)

アメリカン・タワー(AMT)

アメリカン・タワー・コーポレーションは、電波塔や基地局など、無線通信インフラのリースを行う不動産投資・管理会社。

アメリカ合衆国・マサチューセッツ州・ボストンに本拠を置き、世界15カ国以上に拠点を持ち、ニューヨーク証券取引所上場企業。 売上の95%以上が通信インフラ施設のリースに拠っている。(wikipediaより)

プロロジス(NYSE:PLD)

プロロジス(Prologis, NYSE:PLD)は、物流施設を専門に開発、所有、管理、運営しているアメリカ合衆国の不動産会社です。

ちなみに日本国内にもプロロジスの日本法人が設立されており、同様に物流を中心とした物件を保有しています。

XLREの配当利回りは3%と安定的

米国リートETF(XLRE)に投資するメリットとして、配当利回り3%を安定して得ることができます。

ちなみに国内銀行の預金は0.01%ですので、比較すると銀行預金よりも300%に近いリターンを何もしなくても得られます。

米国リートETF(XLRE)

米国リートETF(XLRE)の株価は堅調で、安い時は30ドル、株価が高い時は40ドルを推移していますので、値幅は少ない印象です。

そのため、XLREへの投資スタイルは一度購入してからは株価をチェックする必要が全くなく、30ドルくらいまで下落した時には大きく買い増しするという投資スタイルです。

株価をこまめにチェックする必要がないのも投資のメリットのひとつではないでしょうか。

米国リート(ETF)自体は個別銘柄に比べると値幅が少ないファンドですから、デイトレードや積極に株の売買を行い、大きなリターンを得たい方には不向き。

米国リートETF(XLRE)配当回数は年に4回

米国リートETF(XLRE)の株を保有していると、年間に4回も配当を得ることができます。

XLREの権利落ち日として、3月、6月、9月、12月のため、これらの月にXLREの株を保有することで、1口につき0.27ドル(約30円)を貰うことができます。

私は6口投資をしましたので(約2万円近く)、株価は1口が約33ドル(3,500円)のため、0.27ドル×6 = 1.62ドル(約180円)が一回の配当金予想です。

ねるねる
ねるねる
年間の配当額としては1.62ドル×4回 = 6.48ドル(約700円)と雀の涙程度の配当金ですが、今後も積極的にこの米国リートETFに投資していこうと思います。

私が他に投資している米国ETFにはRWRがあります。

米リートETF(RWR)
【米国ETF】RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)のご紹介不動産ETF、米国REIT(RWR)を紹介するブログ記事です。...

その他にもIYRというRWRに似たような銘柄も面白いです。

IYR(米国リートETF)
【米国ETF】IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)について紹介IYR米国不動産ETFとは?IYR米国不動産ETFはブラックロック社のETFです。ダウジョーンズ米国不動産指数に連動します。米国有名リートの数々をETFという形でまとめて買うことができます。...
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。