米国株(高配当ETF)

配当利回り3.98%のグローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)

高配当ETFといえばSPYD、VYMといった銘柄は米国株投資家にとって幅広く認知されていますが、「グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)」をご存じだろうか?

ねるねる
ねるねる
実はみんなの米国株サイトを作るまでは、このETFの存在に気付かず、再生エネルギー中心とした企業に投資しているETFであることが分かったため、ちょっと気になってポートフォリオに入れてみたETFです。

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)について紹介する前に、「ETF」についてなんぞや、について先にご説明しましょう。

ETFとは、検討すべき投資先といえます。柔軟性、手頃な価格、多様化といった特徴により、過去10年間で大幅に人気が高まっています。

まずは、ETFの仕組みを詳しく見てみましょう。

ETFとはなんぞや?

米国高配当ETF

ETFは、株式のように証券取引所に上場されている投資信託のことです。

上場されていない投資信託は、毎日の終値に価格が決定されます。

しかし、ETFの株価は、株式と同様に日中のマーケットの動きに応じて変動し、いつでも売買することができます。

多くのETFは、S&P 500などの指数に連動します。

ETFは指数と連動するように設計されているため、指数が上昇率すれば、ETFも上昇します。

そして、ETFは一貫して高収益を生み出す傾向があります。

ETFに投資するメリット

ETFはリスク分散に最適である

ETFを購入することで、さまざまな会社に投資することができます。

投資先の多様化は、損失リスクを減らすためには重要なことです。

すべての資金を1つまたは2つの会社に投資し、その株が急落した場合には大きな損失を被ることになるからです。

しかし、ETFのように100の異なる会社が利益を上げていて、いくつかの会社が利益を上げていない場合には、それほど影響はありません。

もちろん、すべてのETFが同じレベルの分散を提供するわけではありません。

たとえば、ヘルスケアETFや産業用ETFなどのセクターETFは、特定のセクター内での分散化を提供します。

しかし、より広いセクターにまたがる分散化が必要な場合は、他のセクターへの投資が必要になります。

 ETFで小額投資可能

多くのETFの株式は、50ドル程度で購入できます。

しかし、投資信託を購入する場合には、最低数千ドルの初期投資が必要です。

ETFは低コストですので、退職に向けて毎月少額の積み立てしかできない人でも、投資することができます。

それは、多様化と確実な利益をもたらします。

また、初期投資が少なくて済むため、複数のETFへの投資が可能になります。

しかし、投資信託に固執している場合には、あらかじめ数千ドルの貯蓄が必要になります。

手数料が低い

多くの証券会社は手数料ゼロのETFを提供していますので、売買するたびに手数料を支払う必要はありません。

しかし、これはすべてのETFに当てはまるわけではありません。したがって、購入を検討しているETFの手数料を調査する必要があります。ETFは、投資信託と同じように手数料がとられます。

一部の投資信託の手数料率は1%以上になる場合もあります。つまり、投資する1,000ドルごとに10ドルを支払うことになるのです。

しかし、多くのETFは受動的に株式指数を追跡します。

これにより、ファンドマネージャーの作業が減り、経費率が低下します。そのため、手数料率が0.10%以下の会社も存在します。

つまり、1,000ドルを投資するごとに1ドル以下しか支払わなくてよいのです。10ドルの手数料というとたいしたことがないと思われるかもしれません。

しかし、手数料率が大きい場合には、時間がたつにつれてパフォーマンスに影響を与えますので、できるだけ少ない方が望ましいといえます。

老後資金を節約するために、あなたは資金を何で運用するかを選択する必要があります。

これまでETFをポートフォリオに追加することを考えたことがない人は、今がそのタイミングです。低コストのETFは他にも数多く存在します。

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)はどんなETF?

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(ティッカーコード:YLCO)はその名の通り、様々な再生可能エネルギー関連企業に投資しているETFです。

このETFの投資対象企業には、再生可能エネルギー技術関連、バイオ燃料関連や、プラントの運営やスマートグリッド関連企業などが含まれており、個別の企業には個人では投資することが難しいでしょう。

そのため、グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)に投資するだけでも、34社にも分割投資ができるため、比較的リスク分散が出来ているETFだと思います。

なお、購入手数料は0.65%とやや高めなのはデメリットですが、配当利回り3%と安定したリターンを得ることができます。

株価

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)の株価はご覧の通り、ETFが上場した2015年以降は横ばいですので、キャピタルゲイン(株価の上昇)を狙うよりも、インカムゲイン(配当金を貰うだけの投資スタイル)を狙った方が良いでしょう。

なお、グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)の純資産はまだ48.34万ドル(51億円)とETFの中ではやや低め。

国別保有比率

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)はなんと10ヵ国以上に分散投資しているETFです。ただし、日本は含まれていないようです。

日本国内のエネルギーファンドには以下があります。YLCOは一社くらいは投資先に含まれて欲しいと期待を込めています。

  • タカラレーベン・インフラ投資法人
  • いちごグリーンインフラ投資法人
  • 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
  • カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
  • 東京インフラ・エネルギー投資法人
  • エネクス・インフラ投資法人
  • ジャパン・インフラファンド投資法人

投資先の再生可能エネルギー関連企業

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)の投資先上位10の企業の一覧です。

順番 企業名 保有割合(%)
1 BROOKFIELD RENEW 6.219
2 MERIDIAN ENERGY LTD 6.077
3 ENEL AMERICAS SA 5.859
4 EDP 5.774
5 AGL ENERGY LTD 5.700
6 ENGIE BRASIL ENERGIA SA 5.145
7 ENEL CHILE SA 4.415
8 ALGONQUIN POWER 4.265
9 NORTHLAND POWER INC 3.895
10 RUSHYDRO PJSC 3.537

BROOKFIELD RENEW

Brookfield Renewable Partners LPは、主に北米、コロンビア、ブラジル、ヨーロッパ、インド、および中国で、再生可能エネルギー発電施設のポートフォリオの所有に取り組んでいます。風;太陽;ストレージとその他と企業。

同社は2011年6月27日に設立され、バミューダのハミルトンに本社を置いています。

Meridian Energy

ニュージーランドの発電機および小売業者です。同社は、2014年12月までの1年間でニュージーランドの電力の35%を生成するニュージーランドの電力の最大の割合を生成し、2015年12月の時点で顧客の面で市場シェアの14%で4番目に大きい小売業者です。

Enel Américas

南アメリカで事業を行っている電力会社の集まりです。系列会社を通じて、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、ペルーの4つの南アメリカの国で電力を生成、送電、および配電します。

配当履歴

年に4回か5回の配当回数

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)に1口だけでも(約1,600円)投資すると1年に4回か5回も配当金を貰うことができます。

過去の配当支払い履歴を見ると、2016年、2018年といった偶数の年は年5回の支払いとなります。よって、2020年は5回配当金を支払ってくれる?可能性があるかも知れません。

権利落ち日 株価 1株あたりの配当金
2020-05-07 12.8100 0.1150
2020-02-06 14.84 0.1101
2019-12-31 14.8800 0.0109
2019-11-29 14.0000 0.1041
2019-08-30 13.4200 0.1041
2019-05-31 12.7141 0.1098
2019-02-28 12.5154 0.1123
2018-11-30 11.6094 0.1486
2018-08-31 11.9900 0.1486
2018-05-31 11.7700 0.1486
2018-02-28 11.4650 0.1407
2017-12-29 12.5850 0.0130
2017-11-30 12.3530 0.1304
2017-08-31 12.5800 0.1275
2017-05-31 11.8300 0.1250
2017-02-28 11.3199 0.1250
2016-11-30 10.5800 0.1250
2016-08-31 11.4700 0.1300
2016-05-31 10.8000 0.1450
2016-02-29 9.6000 0.1450
2015-12-31 10.7200 0.0934
2015-11-30 9.8200 0.1450
2015-08-31 11.8200 0.1350

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)に実際に投資をしてみました

グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)

2020年7月9日現在、グローバルX・イールドコー&再生可能エネルギーETF(YLCO)に6口ほど投資をしてみました。

1口あたり14.50ドル(約1,600円)で買付ができるため、6口合わせると投資金額は9,000円くらいになります。

9口投資の場合、1口あたりの配当金は現在0.11ドル(日本円換算で10円)のため、10円×9=90円を年に4回~5回くらい貰うこととなります。

ねるねる
ねるねる
貰う金額としてはまだまだ少ないため、今後もこのETFに投資を続けていこうと思います。ETFの認知度として低いですが、再生エネルギー分野には注目しているため、投資先として面白いのではないでしょうか。
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。