みんなの米国株

「みんなの米国株」サイトに米国株や米国ETFに関するツイートを表示する機能を作りました

米国株や米国ETFの特定キーワードのツイートが見れるサイトを作りました

タイトルに書いてある通り、米国株や米国ETFの特定キーワードのツイートが見れるサイトを作りました。

筆者は普段、昼間ではシステムエンジニアとして地方の小さなIT企業で勤務しており、仕事を終えて夜になると副業の「みんなの米国株」サイトの修正を行ったり、このブログの更新を行ったりします。

ここ最近、最も注力を注いでいるのがみんなの米国株サイトで、こちらのサイトは正式にリリースしたのが6月12日あたりで、これまでにはこんな機能を実装してきました。

  • 個別株の紹介、銘柄詳細、決算や配当金の閲覧
  • 米国株の検索
  • 米国ETFの検索
  • 配当カレンダー(配当金の支払い日、権利落ち日が分かります)
  • 最新のモトリーフールニュースの閲覧
  • 個人投資家のブログ投稿・閲覧
  • 掲示板の投稿、閲覧

これらの機能がびっちりと含んだサイトになっており、他にもいくつかあります。

上記に合わせて、米国株サイト英語版も8/2あたりにリリースしており、当サイトを通じて多くの方に米国株の魅力について、興味を持って欲しいなと心から願っている次第です。

みんなの米国株サイトはGoogleにも登録していますが、SEO対策として浸透するまでには時間もかかるため、現在の主な告知活動はツイッターにて行っています。

そして本日、新しい機能としてリリースしたのが「米国株」、「米国ETF」という文字がっ含まれたツイートをみんなの米国株サイトに表示するページです。

同じような仕組みを利用して使っているサイトは他見たことがないので、ひょっとしたら初かなと考えています。

「米国株」や「米国ETF」ツイートの表示機能について

米国ETF

自身のホームページに特定のキーワードのツイートを埋め込むにはツイッター社から「Twitter API」を取得する必要があります。

Twitter APIを利用すればタイムラインを取得したり、ログイン機能を実装したりとTwitterのデータを活用し色々な機能を実装することができます。

今回は、Twitterのツイートで特定キーワードが含まれるツイートをTwitter API経由で取得しサイトに表示するということを実現したくて、色々検索した結果なんとか実現できました。

TwitterのAPIの操作は「abraham/twitteroauth」というライブラリを利用しています。もしどのようなソースコードで作っているか興味がありましたら、ご連絡いただければ直接ご説明します。

技術的な話題はさておき、みんなの米国株サイトの米国株、米国ETFのキーワードを含んだツイートを表示しているページはこちらです。

https://usa-kabu.com/stock/twitter

  • ツイッターには米国株や米国ETFに関する情報でとても参考にできる内容が多いです。
  • 最新の情報を入手することで、今後の投資活動にも反映することができると考えています。
  • 米国株、ETFの特定キーワードでツイッター連携しているサイトでは今回初だと考えています。

筆者はなぜ日本株よりも米国株の方が好きなのか

日本株より米国株がおすすめな理由

筆者は日本株を全て売却しており、現在は米国株に投資資金をシフトしています。そのため、日本株は一つも保有していませんが、いずれは優待目標で購入予定の銘柄はいくつかは一応あります。

日本株にはもちろん、成長株は多いですがこれから資産形成を考えている方は米国株にも注目するべきだと考えています。

それにしても、アメリカでは日本以上に一般投資家による株式投資が一般的です。

そのような投資家からの資金を呼び込む必要性もあり、多くの米国企業では株主重視の姿勢が取られています。

米国企業の場合、株主重視のために基本的には配当によって株主に還元したり、自社株買いを通じて株価上昇を狙う方針を取っているところが多く見られます。

年1回もしくは2回の配当回数となっている企業が多い日本株と異なり、配当金を四半期ごと(年4回)支払う企業がたくさんあります。米国ETFでは年12回の銘柄も存在します。

配当金を受け取るまでに要する期間も日本株の場合、権利確定日から2、3ヶ月ほどかかるところがありますが、米国株ではわずか数週間しかかからないというスピードです。

さらに、配当金を毎年増額する「連続増配」をしている企業も多く、プロクター・アンド・ギャンブルやジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラのように、既に半世紀以上も増配を続けている企業も中にはいくつか存在するのも米国株の一つの魅力ではないでしょうか。

たった1株から購入できることが日本株に比べると参入の壁は低く、投資しやすいのが米国株で筆者は今後も積極的に米国株投資を死ぬまで続けていく予定です。

米国株がおすすめな理由

米国株がおすすめな理由

まずは以下の世界株時価総額ランキングをご覧ください。

尚、表示されている時価総額は株価に株式数を掛け合わせて算出されています。

世界株時価総額ランキング・トップ10(2020年8月10日時点)

順位 企業名 時価総額(10億ドル) 国籍
1 サウジアラムコ 1,764.5 サウジアラビア
2 アップル 1,515.8 アメリカ
3 マイクロソフト 1,479.9 アメリカ
4 アマゾン・ドット・コム 1,334.2 アメリカ
5 アルファベット 975.0 アメリカ
6 フェイス・ブック 680.3 アメリカ
7 アリババ・グループ・ホールディング 591.9 中国
8 テンセント・ホールディングス 567.5 中国
9 バークシャー・ハサウェイ 438.1 アメリカ
10 ジョンソン&ジョンソン 378.9 アメリカ

(出典: https://www.business-standard.com/)

世界の時価総額トップ10を見ればGAFAMはGoogle(Alphabet)・Amazon・Facebook・Apple、Microsoftの5社をはじめ、米国企業が7社も入っているのがわかります。

また、トップ10だけでなく、世界トップ50を見ても全体の約60%が米国企業で占められており、世界最大の株式市場であることは間違いありません。

トップ50にランクインしている日本企業は残念ながらトヨタ自動車、たった一社しかありません。

つまり、日本株よりも米国株がおすすめできる理由が米国企業の成長や将来性にあるのです。

時価総額は企業の収益力や将来性、ブランド力など総合的な実力を測る上で一つの重要な情報です。

時価総額でランキング上位にいる米国企業の多くがグローバル展開し、世界の成長力をたくみに吸収しています。

米国株投資なら、このような世界的な企業に対して1株から少額で買い付けることができ、その成長力をリターンという形で享受することができるのも米国株投資の魅力なのです。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。