海外ETF

投資初心者におすすめできる米国株投資とは?

日本株より米国株がおすすめな理由

筆者の周りには、国内の株式投資をしている方は多いですが、米国株や米国ETF投資している人は誰一人もいません。

米国株に投資しない理由について実際に聞いてみると「米国株投資には興味ないの?ETFには投資したいとは思わないか?」まさかの耳を疑うような、心が痛む回答が返ってきます。

「外国株投資は危険だし、よく分からないから」

米国株投資は、彼らにとっては未知の世界のようで、どのように投資したらよいか分からないと思います。米国株投資=ギャンブルだと思い込んでいる方も、中にはいることでしょう。

日本株に投資することも大切しています。ただし、日本企業以外でも、米国企業に目を向ける必要があると考えています。

日本人投資家は視野を広げて、世界で活躍している米国企業にも注目してもらいたい。

筆者は米国株と米国ETFオンリーですが、実は米国株投資はとっっっっても簡単なのです!

本記事では、投資すらしたことのない超初心者にとって、どのような米国ETFに投資すればよいか解説していきます。

米国ETFとは?

ETFとは上場している投資信託のことで、特徴として個人から集めたお金で投資のプロがあなたに代わって、複数企業に一括投資している金融商品。

手元の資金を個別の企業に全力投資をした場合、もしその企業が倒産したら資金はパーですが、ETFに至っては1社がつぶれてもETF自体なくなることはないため、初心者にとっては最適な投資先であると考えています。

初心者のあなた、米国株投資は簡単

米国高配当ETF

米国株投資に投資をしたことのない初心者のあなた、米国株投資は実はとても簡単です。

どのような銘柄に投資を投資すればよいか?いきなりですが、結論から言います。

国内最大の証券会社であるSBI証券で外国株口座を開設し、バンガードS&P500ETF(VOO)を毎月、一定額購入するだけで良いです。

以上です。他にやることはありません。

サラリーマンなら、毎月貰っている給料から、ドルコスト平均法でVOOを購入するだけで、とりあえず米国株デビューすることでそれが一つの出発点だと考えています。

VOOについて初心者におすすめできる点について次項に説明します。

バンガードS&P500ETF(VOO)はどのような銘柄?

これから米国株デビューする初心者のあなたにはVOOを毎月、一定額すればよいとお伝えしました。

VOOは米国ETFでバンガード社(米国最大の資産運用会社の一つ)が運用しており、主に米国の大型企業に投資しています。

VOOの基本情報はこのようになります。

名称 バンガード・S&P 500 ETF (VOO)
信託報酬 0.03%
運用期間 10年
純資産 18兆円
配当利回り 1.8%
株価 300ドル
配当 年に4回(3、6、9、12月)

信託報酬とはETF購入時に投資家が支払う手数料のことを指し、VOOの場合は0.03%とほぼタダみたいなものです。

300ドル(約33,000円)あれば、1口購入することができます。

ちなみに、2010年はVOOを100ドルで1口購入することができたので、その当時は米国株投資をしていなかった自分が悔やみきれません。

VOOがここ10年で株価が3倍になっている背景には、GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Microsoft、Apple)といった大型企業が高い成長性を見せています。

GAFAMとは

企業の世界時価総額ランキングを見ると、20社のうち、米国企業が14社もランクインしており、日本企業は一社も該当していません。

唯一のトヨタ自動車は34位と日本トップで、米国企業はここ20年で高い成長を続けてきました。

そんな有望な企業群にVOOを通じて一括投資できる訳ですから、初心者におすすめできるETFではないでしょうか。

VOOの投資のメリット

VOOは前項で解説したように、米国の大型企業500社以上に投資しているETFです。

米国株の時価総額ランキング

GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Microsoft、Apple)の他、他にも有名な企業として、コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ペプシコ、P&Gなどたくさんあります。

>>VOOの最新の保有銘柄数はこちらのページで確認することができます。

VOOの投資メリットとして、このETFたった一本で米国の株式市場に投資することができ、個別企業の業績や決算内容を気にしなくてもよいという点です。

サラリーマンやりながら投資によって資産を増やしたい場合、VOOは一つの選択肢であると考えています。

米国株と日本株と違う点

何回かこのブログでも紹介していますが、既に米国株に投資している方ならご存知だと思いますが、日本株と米国株の違い簡単にまとめると、このようになっています。

日本株 米国株
購入単位 100株 1株
株主優待 あり なし
最低投資金額 数千円~数万円 数千円~
配当回数 年に1、2回 年に4回が殆ど
NISA口座 対象 対象
取引時間 午前9時~午後3時 午後10時~午前5時
情報 多い 少ない

米国株はたった1口から始めることができる他、日本株とは配当回数は年に4回もあります。

アメリカでは株主重視の姿勢を貫く米国企業がとても多く、投資家ファーストな企業が多いのです。

さらには配当金を毎年増額する「連続増配」をしている企業も多く、プロクター・アンド・ギャンブルやジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラのように既に、なんと半世紀以上も増配を続けている企業もあります。

銘柄 テッカーシンボル 連続増配年数
P&G PG 60年
3M MMM 59年
コカコーラ KO 55年
ジョンソン&ジョンソン JNJ 54年
キンバリークラーク KMB 45年
ペプシコ PEP 44年
ウォルマート WMT 44年
マクドナルド MCD 41年
エクソンモービル XOM 34年
アフラック AFL 34年
AT&T T 33年
シェプロン CVX 29年

ちなみに、今回紹介したVOOに投資するだけで、上記で挙げた企業も全て含まれています。恐るべしVOO・・・

これが筆者が提唱する、これから米国株に投資を考えている初心者のあなたにとって、世界一簡単でシンプルな米国株投資です。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。