日本株

【高配当ETF】グローバルX・MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)に投資します

インヴィンシブル投資法人(8963)

株主優待や配当金を目的とした株式投資は国内で人気がありますが、ETF(上場投資信託)は複数企業に一括投資をした金融商品のため、投資リスクを抑えたいディフェンシブな投資家には好まれる傾向があります。

ETFに投資するメリットとしては、投資リスクを減らして資産を効率よく分散したい方におすすめです。

米国に本社を置く「グローバルX」は世界各国に拠点を持ち、日本にはグローバルXジャパン株式会社というグループ会社が設立されています。

同社が扱っているETFに、「グローバルX・MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(証券コード:2564)」というETFはつい2020年8月25日に上場した新しいETFです。

筆者は日本株には直接投資していませんが、今回のETFには興味があったので、わずかながら投資をしていく予定です。

  • 日本が誇る毎月分配型のタコ足投資信託という珍商品とは異なり、ETFは利益の中から配当金を投資家に還元します。
  • 同社が扱っているETFの中では、J-REIT(主に物流施設)に投資しているグローバルX・ロジスティクス・J-REIT ETF(2565)というETFがあります。
Scentre Group
グローバルX・ロジスティクス・J-REIT ETF(2565)に投資してみますグローバルX・ロジスティクス・J-REIT ETF(2565)の株価、配当について紹介するブログ記事です。...

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)はどんなETF?

米国高配当ETF

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(証券コード:2564)はその名の通り、主に国内に上場している企業複数社に一括投資をしているETFです。

本ETFの詳細についてはこちらの公式ページで見ることができます。

https://globalxetfs.co.jp/funds/2564/index.html

公式サイトでは、本ETFでは「高配当銘柄を集めたETF」と記載されており、主に不動産投資信託、金融、保険などのセクターを集めた企業などに投資しています。

本ETFの純資産は70億円と上場してから順調に資産を伸ばしていると考えています。もし今後、投資家の間では人気が広がることが出来れば、もっと世間から注目されるETFになることでしょう。

今のところ、ETFが誕生してから間もないため、分配金履歴や配当利回りは把握できませんが、4ヵ月に1回、配当金を還元していくと公式サイトに記載されています。

通常、一社に投資する場合、年間で1回か2回ほど配当金や株主優待を貰うことができますが、ETFに至っては2ヵ月ごと、もしくは3~4ヵ月おきに配当金を還元してくれる銘柄はわりと多くあります。

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)の投資のメリット

投資メリットとしてはETFの特性上、複数社に分散投資を行っているため、投資リスクを抑えていることに尽きます。

特に高配当銘柄は減配リスクがありますので、何も考えずに利回りだけに着目すると、業績悪化によって配当金の支払いがストップすることは良くあります。

リスクだらけの個別企業に投資するよりも、本ETFを検討してみるのも一つの選択肢だと考えています。

また、SBI証券で1株から売買することができます。

執筆時点の株価は1,500円のため、少額投資でスタートすることができます。

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)の投資のデメリット

本ETFの投資のデメリットとして、上場したばかりで配当実績や利回りが不明のため、投資リターンがすぐに把握できないという点が挙げられます。

次項で解説しますが、高配当銘柄に投資することを記載されていながらも、組入れ上位銘柄には新型コロナの影響を受けてほぼ無配に転落した銘柄も含まれていたりします。

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)の構成銘柄

本ETFの組入れ上位10銘柄はこのようになっています。

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)

問題だらけの企業がいくつか上位に含まれているのはとても謎ですが、本ETFのファンドマネージャーには申し訳ありませんが、「かんぽ生命よりも、もっといい企業いっぱいあるだろ!」と言いたくなります。

組入れ上位1位のかんぽ生命はつい最近、保険の不適切な販売を行ったことで話題になった企業で、3位のインヴィンシブル投資法人に至ってはJ-REITの銘柄でありながらも、2020年は新型コロナの影響でほぼ無配に転落した銘柄です。

普通に考えて上記2社よりも、もっと優れた銘柄はたくさんあるので、組入銘柄を変更する機会があれば真っ先に外して欲しいと切実に願っています。

なお、業種の内訳はこのようになっています。

配当利回りが高い金融業は20%も占めており、その他の業種は細かく分散されています。

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)の投資口数

本ETFはSBI証券で扱っており、現在の株価は約1,500円を推移しているのため、とりあえず誰でも気軽に投資することが出来ます。

グローバルX・ロジスティクス・J-REIT ETF(2565)

グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETF(2564)には執筆時点では、とりあえず4口投資(約6,000円)ほど投資予定です。

本ETFはSBI証券で購入することができ、取引単位はたった1口のみのため、国内株式のETFに少額投資してみたい方には気軽にチャレンジすることができるでしょう。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。