米国株

【米国株】 ヴィアトリス(VTRS):身に覚えないのない銘柄が登録されていました

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)

本日、SBI証券にログインして外国株口座を確認したところ、全く購入した覚えのない銘柄(ヴィアトリス・NASDAQ:VTRS)を2口も保有していることが分かりました。

ヴィアトリス(VTRS)

直近の取引きでは、米国株や米国ETFの購入履歴にはインベスコ・グループやコカ・コーラ、高配当ETFなどの購入履歴がずらりと並んでいるのですが、VTRSの購入履歴は特にないので、米国大手製薬会社のファイザーの株を保有していると、Viatris(VTRS)の株が貰えることが分かりました。

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)

ファイザーの株を保有していると、ファーザーの保有口数に応じて、Viatris(VTRS)の株が貰えるので、Viatris社の株をそのままホールドしてもいいですし、現金化したい方は売却することも可能です。

  • インターネットでViatris(VTRS)について調べてみると、同様なケースが米国投資家の間で起きているようで、ファイザー社に投資していると保有口数に応じて、貰えるViatris(VTRS)の株数が変わります。
  • Viatris(VTRS)は医療品の製品化を行っている米国企業であり、配当支払いはないため、グロース株に分類されます。
  • ファイザーの株は、特定口座で保有されていた場合、そのまま特定口座に残り、NISA口座で保有している場合はNISA口座に残ります。

せっかくなので、ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)とはどんな銘柄か調べてみました

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)

突如、外国株口座に現れたヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)についてどのような銘柄なのか少し調べてみました。

Viatris(VTRS)は2019年2月14日に設立された比較的若い企業であり、米国のペンシルバニア州・キャノンズバーグに本社を置くジェネリック医薬品を製造開発しています。

元々、Mylanという社名でしたが、米国大手薬会のファイザーがここ最近、ジェネリック医薬品部門のMylan社をスピンオフ(子会社を切り離した)したことで、Viatrisに社名変更しているようです。

この会社の事業内容としては、医薬品の商品化と製造を行っており、診断クリニックや教育セミナー、デジタルツールなどのサポートサービスも提供しているようです。

Pfizer(NYSE:PFE)がジェネリック医薬品部門のViatris社をスピンオフした理由については特に調べていませんが、タダで株を貰えることはラッキーですね。

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)の株割り当てについて似たようなケースがネット上に存在していた

VTRSの株が突如、投資口座に割り当てられたという他の事例が見つかりましたので、その記事ではこのように述べています。

You can’t remember purchasing Viatris stock but it showed up in youraccount.

Don’t worry! Many investors on forums like Reddit are talking about random Viatris stock in their accounts, so you aren’t alone. Viatris stock showing up in your account isn’t a mistake on your part or that of your broker.

So, why do you have Viatris stock in your account?

引用記事はこちらです。>>なぜ私はVTRSを保有しているのか?

Viatris株(VTRS)を購入したことを覚えていませんが、アカウントに表示されました。

心配しないでください! Redditのようなフォーラムの多くの投資家は、アカウント内のランダムなViatris株について話しているので、あなただけではありません。あなたのアカウントに現れるViatris株はあなたの側またはあなたのブローカーのそれの間違いではありません。

では、なぜあなたのアカウントにViatrisの株があるのですか?

ファイザー(NYSE:PFE)を保有している場合、VTRSが割り当てられる

米国大手製薬のファイザー社はジェネリック医薬品部門にはMylanという子会社がありましたが、11/16にはファイザーよりスピンオフ(子会社を切り離す)され、Mylanはスピンオフ後に「Viatris」に社名変更しているようです。

そこで、ファイザーの保有株数に応じて、割り当てられるVTRSの株数が変わるようです。

ファイザー社の1株につき、0.12株のヴィアトリスが割り当てるようになっているようで、私は現時点で19株保有しているので、四捨五入してヴィアトリス株は2口割り当てられたことになります。

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)をどうするか?

ヴィアトリスについて調べてみると、元々「Mylan」という会社でしたが、ファイザー社がMylanを切り離したことで、社名がViatrisに変更されることが分かりました。

唐突の出来事ではあるものの、外国株口座に割り当てられたヴィアトリス株の売却は可能なため、とりあえず一旦売却し、他の銘柄を買い増しするための資金に回そうと考えています。

VTRSの売却注文の画面をスクリーンショット撮りましたので、記念にこのブログ記事で残しておきます。

ヴィアトリス(NASDAQ:VTRS)

ファイザーといえば、新型コロナウイルスのワクチンの製造を手掛けており、2020年11月には高い有効性を示す良好な結果を発表しています。

ファイザー社は早くて年内12月中には、コロナワクチンを市場に提供することが発表しており、終わりが見えないコロナウイルスの感染拡大防止に向けて、ようやく歯止めを効く可能性があると見ています。

ちなみに、ファイザーは時価総額20兆円以上で配当利回りは4%、執筆時点の株価は36ドルと低調ですが、割安な銘柄だと考えていますので、余力があればファイザーにもう少し投資してみようと思います。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。