米国株(高配当ETF)

【米国ETF】RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)のご紹介

米リートETF(RWR)

国内の不動産投資信託に投資するのも良いですが、分散投資するなら国内のJ-REIT以外でもアメリカの不動産投資信託に投資する方法もあります。

国内の証券会社ではRWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)や、IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)というETFを扱っているため、両方ともアメリカの不動産投資信託に投資しているような銘柄です。

今日はRWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)についてお話し、どのような銘柄なのか分析していこうと思います。

この記事のポイント

  • 米国リートETF(RWR)はSBI証券でお手軽に購入することができ、高い分散効果を持つ不動産投資信託です。
  • 新型コロナの影響で株価は下落し、長期保有のつもりで2口ほどですが、RWRに投資をしています。
  • リートのETFは私が投資している資産の中では10%以内に収めようと考えています。

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)とは?

SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(SPDR Dow Jones REIT ETF)はDow Jones U.S. Select REIT Index(同指数)のリターンと特性に連動することを目指している。

同指数は商業用不動産の運営・所有を行うチャーターを有する会社、並びに1960年不動産投資信託法に基づいて運営する会社を含む。REIT Indexに含まれる各不動産投資信託は浮動株調整後時価総額で加重される。各債券は自らの達成可能な市場パフォーマンスを反映するように加重され、投資家の入手できる債権を反映する。

同ファンドは地域的ショッピングモール、アパート、ヘルスケア、オフィス、ストリップセンター、産業用セルフストレージ、ホテル、総合ホテル、総合・混合産業施設・オフィス、プレハブ住宅及び工場直販店などの分野に投資する。SSgA Funds Management, Inc.は同ファンドの投資マネージャー。

bySBI証券

純資産 2,413.93万ドル(約2700億円)
上場日 2001/04/23
経費率 0.25 %
配当利回り 3.19%
配当回数 4回(3月、6月、9月、12月の権利落ち日で翌月の配当金支払い)

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)の投資のメリット

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)は105ドルもあれば(約1万2千円)、少額で幅広い米国不動産に一括投資ができる高配当銘柄!

RWRが投資している銘柄は国内の証券会社ではまず購入することができないため、RWRではその分保有していることで、間接的に投資が出来る点としては大きな魅力を感じます。

それに米国REITを個別で買付する場合、個別株同様に銘柄・企業分析は必須になってきます。

RWRの投資のポイント

  • RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)に投資することで高い分散効果が得られるので、アメリカの不動産市場に投資したい方にはおすすめできるETFですね。
  • RWRは信託報酬は0.25%と決して低いという訳ではありませんが、ライバルのIYRよりは少し低めです。

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)の構成銘柄

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)の投資先として、100%が米国の不動産投資信託。

RWRが保有している銘柄の数は約90~100個くらいとなっています。

銘柄名 投資比率
Prologis, Inc. 9.61%
Simon Property Group, Inc. 5.65%
Welltower, Inc. 4.82%
Public Storage 4.61%
AvalonBay Communities, Inc. 4.22%
Equity Residential 3.98%
Digital Realty Trust, Inc. 3.68%
Ventas, Inc. 2.95%
Essex Property Trust, Inc. 2.83%
Boston Properties, Inc. 2.80%

保有比率1位のプロロジス(Prologis, NYSE:PLD)は、物流施設を専門に開発、所有、管理、運営している不動産会社です。

保有比率2位のサイモン・プロパティ・グループは、ショッピングセンターやアウトレットモールの保有・開発・リースを行っているアメリカ合衆国の不動産事業者です。インディアナ州・インディアナポリスに本拠を置き、アメリカ最大の商業用不動産事業者。

保有比率3位のウェルタワー(Welltower Inc.)は、主に高齢者の住宅、生活支援および記憶ケアのコミュニティ、急性期後のケア施設、医療オフィスビルに投資する不動産投資信託です。また、米国以外の病院やその他の医療施設も所有しています。

まとめると、RWRが保有する上記の銘柄は個人では購入することができないため、RWRの投資することで、まとめて米国不動産市場に投資ができることが最大の魅力ですね。

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)の配当金の推移

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)に投資をすると年間で4回も配当金をもらうことができ、1株あたりの配当金となります。

権利落ち日 1株あたりの配当金
2020年03月23日 0.58ドル
2019年12月23日 1.14ドル
2019年09月23日 0.87ドル
2019年06月24日 0.86ドル
2019年03月18日 0.54ドル
2018年12月24日 1.07ドル
2018年09月24日 1.16ドル
2018年06月15日 0.84ドル
2018年03月16日 0.52ドル
2017年12月15日 0.69ドル
2017年09月15日 0.76ドル
2017年06月16日 0.79ドル
2017年03月17日 0.60ドル

こちらの表では2016~2019年の1株あたりにもらえる年間の合計配当金です。

2019年 3.42ドル
2018年 3.60ドル
2017年 2.85ドル
2016年 4.09ドル

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)の株価

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)のチャートはSBI証券より

RWR(SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF)は2008年のリーマンショック時、チャートでは25ドル台までと大きく下落していますが、その後は右肩上がりとなっており、現在では株価が105ドルと4倍までに上昇しているため、十分な投資パフォーマンスとなっています。

リーマンショックの時に購入していれば、株価が4倍まで上がっているため、もう配当金だけでも十分大きな副収入になっていることと思います。

まあ、いかにリーマンショックが異常事態だったか分かるでしょう・・

しかもリーマンショック前の水準まで株価は戻っているので、もし1株あたり80ドルあたりまで落ちる日が来れば、一度購入するチャンスかも知れません。

よって60~80ドルあたりは直近の買いチャンスであり、高値を更新している今、指を加えて落ちるのをひたすら待つという投資戦略です。

個人的な感想として、株式、債券、リートといった形でアセットを分散させる目的でIYRをポートフォリオに入れるならおすすめのETFということになります。そして、RWRのライバルETFとしては、同じくリート系のIYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)という銘柄。

RWRとIWRの違い

  • RWRとIYRの異なる点としては、RWRの方は配当利回り高く、また経費率の方が低いため、新規で投資する場合にはIYRよりRWRの方が良いかも知れません。
  • IYRの場合は純資産が4800億円とRWRの2倍近くのため、配当金の安定性はIYRの方が高いことでしょう。

以下のページではIYRについて解説しています。

IYR(米国リートETF)
【米国ETF】IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)について紹介IYR米国不動産ETFとは?IYR米国不動産ETFはブラックロック社のETFです。ダウジョーンズ米国不動産指数に連動します。米国有名リートの数々をETFという形でまとめて買うことができます。...
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! 株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家。