米国株(個別で高配当)

【Verizon Communications Inc.】ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価・配当実績・売上高

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)

2020年は新型コロナの大不況により経済がストップする中、外出規制でインターネット接続サービス、動画配信サービスなどの企業は健在です。

世界の通信株の中でも、米国大手のベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)の株価推移、事業内容、売上高、配当金の推移について紹介する記事です。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)は世界初の5Gの通信サービスを展開していることから、利用者数は予想以上に伸びている企業です。

ベライゾンのライバル相手といえばAT&Tです。

この記事のポイント

  • ベライゾン・コミュニケーションズはライバル会社のAT&Tの配当利回り7%に比べると低いものの、配当能力の面ではAT&Tよりは安全です。
  • ベライゾン・コミュニケーションズは2020年、AT&Tの時価総額を抜いて世界20位の企業に発展しています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の基本データ

会社名:Verizon Communications Inc.

ティッカーコード:VZ

本社:アメリカ合衆国ニューヨークローワー・マンハッタン

設立年:1983年

業種:情報・通信企業

従業員数:135,500

時価総額:約24兆円(世界20位)

2019年の売上高:131,868,000,000ドル(約14兆円)

配当利回り:4.48%(2020年5月15日現在)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)はアメリカの2大手通信会社のうちの1社であり、AT&Tと並ぶ米国通信企業の2強です。

携帯電話サービスで全米1位、通信サービスでは世界最大級ですね。

新型コロナの不況により経営危機に陥る企業が多い中、携帯電話・ネット通信が解約されにくい事業を展開しているベイラゾンは有望な企業だと思っています。

世界初の5Gのサービスを真っ先に提供を開始したのがベライゾンなのです。AT&Tは遅れて5Gサービス提供することになりましたが、財務に関してはベライゾンの方が安定しています。

ベライゾン・コミュニケーションズのポイント

  • 2015年5月にインターネットサービスのAOLを約44億ドルで買収しており、米国ヤフー( Yahoo! )も買収をしています。
  • AT&Tと異なり、通信事業というインフラとインターネット系事業会社のコンテンツの相乗効果を狙っています。

ベライゾン・コミュニケーションズの事業内容

ベライゾンは主に通信事業を営んでいます。

2015年にAOL(アメリカオンライン)を44億ドルで買収し、2016年には米国のヤフー(Yahoo!)を483億ドルで買収しています。

その他、ベライゾンはディズニー動画サービスと提携しています。

[22日 ロイター] – 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)は22日、ウォルト・ディズニー(DIS.N)が11月12日から始める新しい動画配信サービス「Disney+(ディズニー・プラス)」について、ベライゾンとの販売促進活動を通じて米国で約5000万人の会員を獲得できるとの見通しを示した。

実現すれば、ネットフリックス(NFLX.O)が米国で抱える有料会員6100万人に迫る規模となる。

https://jp.reuters.com/article/us-verizon-disney-idJPKBN1X2094

S&Pの評価

各付け会社のスタンダード・プアーズ(S&P)ではベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の債務各付けをBBB+と評価しています。

記号はAから始まり、B、C、Dと続きます。Aは最も信用度が高く、Dは信用度が低いということです。

BBB+は、上から数えて8番目の格付けで、企業の財務力は問題ないという評価をされています。

  • 2010年まではA-2という上から7番目の格付けでしたが、2013年にはBBB+に1つランクを落としています。
  • ライバル会社のAT&Tも同様にS&Pの格付け評価はBBB+です。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の業績

売上高・営業利益

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の売上高

ベライゾン・コミュニケーションズの近年、売上は横ばいです。

EPS(1株当たり利益)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)のEPS

EPS(1株当たりの利益)もここ5年間は横ばいです。

BPS(1株当たり純資産)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)のBPS

ベライゾンのBPS(1株あたりの純資産)は右肩上がりで良いと思います。

キャッシュフロー

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)のキャッシュフロー

ベライゾン・コミュニケーションズの営業キャッシュフローは2016年以降は右肩上がりでフリーキャッシュも少しずつ増えています。

しかもベライゾンの債務残高(借金)はライバル会社のAT&Tよりも低いため、AT&Tよりは経営破綻のリスクが低いと言えます。

ベライゾンのフリーキャッシュフローは140億ドル以上で、75億ドルの四半期の配当支払い十分にカバーしています。

資産

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の資産

ベライゾン・コミュニケーションズの資産は緩やかに上昇していますので、経営的には問題ないと思います。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価は綺麗な右肩上がりです。リーマンショックでは25ドルまで下落しますが、今は2倍以上も株価はが上がったことになります。

2020年5月15日の時点では55ドルを推移しています。

ベライゾン・コミュニケーションズの株価のポイント

  • 2008年のリーマンショックに比べると株価は2倍以上まで上昇しています。
  • 2020年の新型コロナの不況により、株価は一時的に60ドルから50ドルまでに急落しますが、その後はFRBの量的な金融緩和といったプラス材料で株価は55ドル台まで回復しています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の配当実績

1株あたり配当

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の1株配当金

ベライゾン・コミュニケーションズの株主に対する1株あたりの年間の配当金の支払いです。綺麗な右肩上がりです。

過去の配当実績

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)はリーマンショック後から増配しており、連続増配年数は今のところ10年以上です。

1株投資するだけでも、年間4回も配当金を受け取ることができます。配当利回りは2020年5月15日現在、4.4%もありますので、高配当銘柄の仲間入りしています。

2020年の新型コロナの影響で多くの企業が減収、減配や無配を発表しているにもかかわらず、ベライゾン・コミュニケーションズはキープしています。

  • 配当の権利落ち日は1月、4月、7月、10月。
  • 配当金の支払いは権利落ち日の翌月の2月、5月、8月、11月月。

過去5年の配当実績はこちらの表となります。毎年0.05ドルずつ増えています。

1Q
(12-2月)
2Q
(3-5月)
3Q
(6-8月)
4Q
(9-11月)
年間配当
2015年 $0.55 $0.55 $0.55 $0.565 $2.22
2016年 $0.565 $0.565 $0.565 $0.5775 $2.27
2017年 $0.5775 $0.5775 $0.5775 $0.59 $2.32
2018年 $0.59 $0.59 $0.59 $06025 $2.37
2019年 $0.6025 $0.6025 $0.6025 $0.615 $2.42
2020年 $0.615 $0.615      

最後に

個別株の投資のポイントについて

私は個別株に投資する場合、以下の3点セットに満たした企業であることが何よりも大切だと考えています。

  1. 格付け会社S&Pの評価がA以上。
  2. 時価総額10兆円以上。
  3. 配当利回り5%以下。

ベライゾン・コミュニケーションズは時価総額が10兆円なので問題はありませんが、格付け会社S&Pによる評価がA以上になれば投資を考えたいと思います。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)はSPYDの構成銘柄に入っている

ベライゾン・コミュニケーションズは日本投資家に人気のあるSPYD(高配当ETF)やVOO、VYMといったETFの構成銘柄の一つでもあります。

SPDR S&P 500 High Dividend ETF
人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました人気の米国高配当ETF「SPYD」の保有銘柄について分析してみました...

ベライゾン・コミュニケーションズにわざわざしなくても、こうした極めてディフェンシブで低リスクなETFに投資することで、間接的にベライゾン・コミュニケーションズに投資することになります。

今のところ、ベライゾン・コミュニケーションズには直接投資していませんが、引き続きウォッチしていこうと思っている銘柄です。

本日はベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)について解説したブログ記事でした。

ではまた(๑•̀ㅂ•́)و✧

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。