米国株(個別で高配当)

【超高配当株】マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)について紹介

Macquarie Infrastructure Corporation (MIC)

こんにちは、米国株ブロガーのねるです。

今日のブログ記事で紹介する銘柄は、たまたま配当利回り9%以上の銘柄を見つけてしまったので、米国株のマッコーリー・インフラストラクチャー(Macquarie Infrastructure Corporation)という銘柄であり、米国株ブロガーで紹介している記事は見新たないため、紹介しようとした次第である。

配当利回り9%は異次元とも言える高配当っぷりで、将来にわたってずっと維持することは難しいが故に赤字決算などにより減配リスクがあるため、マッコーリーに投資する際はこれらのリスクを考慮した上で検討して投資を考えていただきたい。

マッコーリー・インフラストラクチャーは配当利回りが10%もある高配当な米株であり、日本国内では「マッコリーグループ・ジャパン」を展開しており、20年以上もビジネスを展開していたりと、太陽光発電の再生エネルギー事業などを手掛けているようだ。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)とは?

Macquarie Infrastructure Corporation (MIC)

マッコーリー・インフラストラクチャー(Macquarie Infrastructure Company LLC)は、ニューヨークに本社を置く、冷却・ガスユーティリティサービスの構築と、インフラ事業への投資事業を行う企業であり、世界中に投資サービスを展開している。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の沿革

  • 2014年4月、大西洋航空事業部門はフロリダ州とコロラド州において、6件の固定基本操作を追加取得。
  • 2014年7月には、インターナショナルマテックス・タンク・ターミナルの50%持分を取得。
  • 2014年8月には、アイダホ・ウィンド・パートナーの非公開少数株式を取得し、地域エネルギー事業の売却を完了。

ちなみに、マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)グループの子会社は合計で51社。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の基本情報

名称 Macquarie Infrastructure Corporation (MIC)
業種 航空貨物&物流サービス
所在 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
会社概要 国際マテックス・タンク・ターミナル(IMTT)、大西洋航空、契約電力(CP)、MICハワイの4つのセグメントを通じて事業を展開している。
ホームページ https://www.macquarie.com/mgl/com/mic-inc
従業員数 917名
時価総額 36億円
配当利回り 9.69%
配当金回数 年に4回(3月、6月、9月、12月)

ブルームバーグによると、マッコーリー・インフラストラクチャー(Macquarie Infrastructure Corporation)は主に各種インフラ事業の保有、経営、投資に従事したアメリカの企業で世界に事業を展開しているようだ。

高配当なうえに配当金回数は1年に4回で、マッコーリー・インフラストラクチャーに投資している日本個人投資家はあまり見たことがない。

米株ブロガーの中でもポートフォリオを入れている人はまずいなく、もしかしたら「配当利回り10%は高配当すぎて手出しにくいのでは?」と思わず躊躇してしまい、投資を控える人もたくさんいることでしょう。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)

マッコーリー・インフラストラクチャーはアジアの市場において、オフィスを展開しており、日本では再生可能エネルギー(太陽光発電事業)、インフラテクノロジー、電力をはじめとすると技術革新事業を展開しているようだ

  • 日本においては、2014年4月に投資運用業の登録を完了しています。
  • また、2015年にインフラ投資部門を立ち上げ、2016年に初めて日本のインフラ事業に投資を実行するなど、投資活動を積極化しています。

日本のエネルギー市場は2011年以降、大きな変革を遂げました。再生可能エネルギー、特に太陽光発電の世帯普及率が急速に伸び、日本は太陽光の累積設備容量において、世界第2位となったのです。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の投資指標

予想PER 15.96倍
予想EPS 2.39
ROE 2.22%
ROA 0.83
実績PBR 1.10倍
実績BPS 34.55
株価 43ドル
配当金 1回につき、1株あたり1ドル (年間で約4ドル)

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の業績

2016 2017 2018
売上 1,583億円 1,759億円 1,850億円
営業利益 290億円 295億円 244億円
当期純利益 164億円 475億円 143億円

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の株価

マッコーリー インフラストラクチャー(MIC) マッコーリー インフラストラクチャー(MIC) のチャートはSBIより引用

株価は2016~2017年の間で$60~$80高値で推移しているが、2018年には大きく下落しているようだ。

2018年は配当金の下落と共に株価も半分まで落ちる形となってしまい、2019年の売上高は2018年と同じ数字を予想しているため、株価は横ばいの状態である。

マッコーリー・インフラストラクチャー(MIC)の配当金の推移

1株(投資資金37ドル)あたりの配当金を以下の表の通りに示す。

受け取ることができる配当金1年に4回、合計4ドルを受け取ることができる。

配当権利落ち日 配当金
2019-08-09 $1.0000
2019-05-10 $1.0000
2019-03-01 $1.0000
2018-11-08 $1.0000
2018-08-10 $1.0000
2018-05-11 $1.44
2018-03-02 $1.42

マッコーリー インフラストラクチャー(Macquarie Infrastructure Corporation)は2005年に設立して以来、殆ど1年に4回ほど分配金の支払いをしている。

2017年の配当金が1株1.44ドルに引き上げられたものの、投資家の予想程ではなく、2018年では見通しを1株1.00ドルとしたため、2018年後半から30%超の減配をしたことから株価も下落していたようだ。

マッコーリーはアメリカ、日本、台湾、フィリピン、オーストラリア、韓国などグローバルに投資を推進しているため、今後も株価や業績をチェックする共に、この記事にもっと詳しく説明していこうと思っている。

応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。