ポートフォリオ

【配当金生活】5月の米国株の投資金額とポートフォリオを公開

米国株と米国ETFのポートフォリオ

2020年5月16日時点の私の米国株、米国ETFの最新ポートフォリオです。

参考に出来ない銘柄が多いのですが、新型コロナの影響で保有中の銘柄の一部は配当支払い停止をしたり、減配している銘柄はちょこちょこあります・・

今日の記事ではポートフォリオ公開と、投資を考えている銘柄について少し解説したいと思います。

この記事のポイント

  • 2020年は新型コロナウイルスの影響もあってか保有株はほとんどマイナスになっているので、これからは医療や生活消費財セクターのリスクの低い銘柄に投資を行い、ポートフォリオを安定させようと考えています。
  • 日本株に投資しない理由として、米国企業の方が時価総額は大きく、グローバルな企業も多く、これからも成長見込みがあると思っています。
  • 米国株はたった1株から投資することができるため、資産形成したいという初心者には向いていますが、リスクの低い銘柄について解説します。

米国株と米国ETFの投資金額

先月の時点で米株に投資している金額が100万を超えたところ、5月にはちょいちょい入金して運用額を数万円程度増やしました。

ブログ村」というブログランキングサイトにこのブログを登録していますが、「米株」カテゴリの上位50位までの方々は私より運用額は遥かに多いので、30代後半ながらも運用額の少なさに正直焦ってます(笑)

現在の保有中の銘柄はこちらの通りです。銘柄をクリックすると詳細が見れます。

銘柄 おすすめ度 口数 投資金額(円)
BHP 5 26,755
CHL 1 4,608
DUK 1 8,763
EMLC 12 44,400
EWM 4 14,340
GSK 5 23,615
HSBC 14 61,432
HYEM 30 77,640
HYZD 10 25,610
IBM 1 14,948
IFGL 10 32,330
ITUB 13 6,513
IVZ 29 49,184
JNK 3 35,568
KSS 2 10,748
MO 10 44,230
PBCT 4 6,920
PFE 6 11,733
PFF 25 101,025
SPYD 47 179,868
AT&T 36 131,328
UL 4 22,512
VYM 2 8,261
WBK 10 18,270
XOM 6 46,272
YYY × 24 47,280
合計 1,090,261

4月に比べると投資額+6万円増えています。ちなみにZMLPという原油ETFを保有していましたが、ちょっと雲行き怪しかったので売却しました。

個人的な評価の説明について、このように採点しています。

◎:おすすめ

〇:まあまあ良い。

△:微妙なので、あまりおすすめしない。

×:クソ株

4月~5月の間で新規買いと買い増しした銘柄

買い増ししてる銘柄はヘルスケア・製薬会社、生活必需品の企業です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)経済危機の真っ最中であっても、医療と生活必需品のセクターは需要が高いことと、比較的リスクが低い銘柄だと考えています。

これらの銘柄は今後も積極的に買い増ししている行く予定です。

買い増しした銘柄 PFE、GSK、UL、VYM
新規買いした銘柄 DUK

ファイザー(PFE)

ファイザー(ティッカーシンボル:PFE)は2口買い増しして計6口に。

同社はアメリカの医療・医薬品を製造・販売しているメーカーでインポな男性向けのバイアグラが有名ですが、最近では新型コロナウイルスを対策してくれるワクチンの開発に力を注いでいます。

VYMにも含まれている銘柄ですが、個別株に投資したい方はファイザー(PFE)は良い銘柄だと言えます。

企業の時価総額は20兆円以上と世界ランキング24位で日本が誇るトヨタ自動車よりも遥かに上ですね。素晴らしい企業だと思います。

ファイザー(PFE)
【米国株】世界最大のグローバル製薬会社、それがファイザー(PFE)ですファイザー(PFE)は連続増配11年の米国企業であり、新型コロナウイルスに対抗するワクチン開発に注力を注いでいます。配当利回りは3%台と高配当。...

ユニリーバ(UL)

ユニリーバ(UL)は2口買い増しして計4口保有になりました。

同社はイギリスに本社があり、生活用品を製造・販売している企業です。

扱っているブランドの数は400以上で、「クノール」、「Axe」など有名な商品は盛沢山です。つい最近、ユニリーバ(UL)に投資を行い、これからもがっつり購入していく予定です。

ユニリーバ(UL)
【高配当株】ユニリーバ ADR(UL)の株価・配当実績・売上高・決算【高配当株】ユニリーバ ADR(UL)の株価・配当実績・売上高・決算についてお伝えします。...

グラクソ・スミスクライン(GSK)

グラクソ・スミスクライン(GSK)は2口買い増しして計4口保有になりました。

同社イギリスの製薬会社です。こちらもファイザー同様に新型コロナの治療薬を開発している有望な銘柄だと思います。

グラクソ スミスクライン ADR(GSK)
【新型コロナウイルス】グラクソ・スミスクラインADR(GSK)はウイルス対策のワクチンの研究開発を行っているグラクソ スミスクライン ADR(GSK)は医療薬品、ワクチンの製造・販売を行っているイギリスの企業であり、配当利回りは4%と高配当な銘柄だ。...

デューク・エナジー(DSK)

デューク・エナジー(DSK)は新規に購入した米国個別株です。

同社は米国の18州で電力・天然エネルギーの生産と販売していて、公益事業は全米2か3位の規模です。

DukeEnergy(DUK)
【Duke Energy Corp.】配当利回り4.27%のデューク・エナジー(DUK)の株価・配当実績・売上高【Duke Energy Corp.】デューク エナジー(DUK)の株価・配当実績・売上高について紹介します。注目すべきクリーンエネルギー事業を展開している米国企業です。...

バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

VYMは1口買い増しして2口保有になりました。

VYMはS&P500の多くの個別株に一括している投資初心者のETF。

VYM一本に投資することで、米国株の500社くらいの銘柄をカバーすることができます。つまり、VYMを保有していると、あまりチャートのことを気にせず、毎月こつこつ投資していくスタイルが良いと思います。

VYMはこれから買い増ししていく予定です。

バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
【高配当ETF】バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)は初心者におすすめできる米国ETF【高配当ETF】バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)は初心者におすすめできる米国ETFであり、配当利回りも3%と低コストなETFです。...

米国株と米国ETFの保有比率

保有銘柄のグラフ

私が保有している米国株の割合はこのようなグラフとなっています。

米国株と米国ETF

投資金額上位銘柄

米株のポートフォリオ

現在、保有比率上位4銘柄はこのようになっています。

  1. SPYD:高配当ETF
  2. AT&T:米国個別株
  3. PFF:高配当ETF
  4. HYEM:新興国債権
  5. HSBCホールディングス:銀行株

これらの銘柄は新型コロナが蔓延する前に配当利回りが高いと理由で購入した経緯がありますが、しばらくは買い増ししない予定でいます。

HSBCホールディングスは金融株で新型コロナの影響で無配に転落してしまった銘柄です。

少なくとも2020年は無配で再び配当金の支払いを再開する予定は今のところ立っていないですね。

よって財務やキャッシュフローなどまともにチェックせず、単に高配当という理由で購入すると私のように痛い目を見てしまうので注意です!

保有はしていないが新規買いしたい銘柄

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)はアメリカの2大手通信会社のうちの1社であり、AT&Tと並ぶ米国通信企業の2強です。

新型コロナで多くの企業が苦しむ中で、ベライゾンは携帯電話・インターネットサービスが解約されにくいことから不況に強いと考えています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
【Verizon Communications Inc.】ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価・配当実績・売上高【Verizon Communications Inc.】ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価・配当実績・売上高について紹介する記事です。...

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)

ジョンソン・エンド・ジョンソンはグローバルな医療・ヘルスケア企業で、2018年には世界中の医療関連の企業で売上高1位の不動の実績を誇ります。

時価総額40兆円で世界8位、これからも発展いく企業だと思います。

ヘルスケア関連の企業は新型コロナの対する不況には強く、そして同社が扱っている製品ブランドは需要も高いです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン
【米国株】ジョンソン&ジョンソンの決算・株価・配当【米国株】ジョンソン&ジョンソンの決算・株価・配当についてお伝えします。...
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。