米国株

利回り9%!モバイル・テレシステムズ(MBT)の紹介

モバイル・テレシステムズ(MBT)

こんにちは、ねるです。2019年08月26日早朝、米中貿易問題が懸念されることからドル円は7カ月振りに104円まで一時下落し、為替・先物取引も荒れた相場となりました。

本日は国内のSBI証券で買うことが出来るロシア株のモバイル・テレシステムズ(MBT)について紹介したいと思います。

モバイル・テレシステムズ(MBT)とは?

モバイル・テレシステムズ(MBT)はロシア最大の携帯電話会社であり、ロシア、ウクライナ、アルメニア、ベラルーシの4カ国でモバイルネットワーク事業を展開しています。ちなみにロシアでのシェアは何と1位!

ロシア株なのにアメリカのニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているため、外国株として購入することができます。

2017年12月の時点ではロシア、ウクライナ、アルメニア、ベラルーシの4カ国で1億6550万人のモバイル・テレシステムズのモバイル加入者がいるそうです。

モバイル・テレシステムズ(MBT)の基本情報

名称 モバイル・テレシステムズ(Mobile Telesystems OJSC ADR)
設立 1993年10月
株価 7.92ドル
直近配当金 $0.6
分配金回数 年に2回(7月と10月)
配当利回り 9.12%
モバイル・テレシステムズ(MBT)は2019年2月、米国上場を廃止検討したことがあるようです。
視聴者
視聴者
米国に上場しているうえで規制が厳しかったのでしょうか?
理由は特に分かりませんが、同年にはムーディーズがロシアの投資適格をBaa3まで引き上げており、3社共にロシアを投資適格として昇格しているようです。それにより、上場廃止はなくなりました。

モバイル・テレシステムズ(MBT)投資のメリット

  • ロシア最大の大手モバイル通信会社に投資が可能。
  • 利回りが9%と高い。
  • ロシアは将来的にGDP世界ランキング6位まで上がる可能性がある。
ねる
ねる
投資メリットは何といっても9%と高利回りであること、これに限ります。ロシアのGDP(国内総生産)は世界11位と日本の3/1であり、2019年には経済成長が下方修正されると予測されています。よって投資するなら少額が良いです。

モバイル・テレシステムズ(MBT)の投資指標

予想PER 8.95倍
EPS 0.25
ROE 71.08%(※)
ROA 9.11
実績PBR 7.20倍
実績BPS 1.08

※ROE(自己資本利益率)の目安

自己資本利益率が10~20%程度であれば優良企業であると判断されますが、モバイル・テレシステムズ(MBT)は71%もあります。

ねる
ねる
EPS(1株の利益)が1未満のため、収益率が低くく、魅力的な株ではないことを示しますね。ただし、将来的にロシアの経済成長の上方修正に見込みがあればこの数字は上がる可能性もあるかと思います。

モバイル・テレシステムズ(MBT)の株価の推移

モバイル・テレシステムズ(MBT)モバイル・テレシステムズ(MBT)のチャートはSBI証券より引用

モバイル・テレシステムズ(MBT)の株価の変動は大きく、2013年はロシアのGDPが高かったことから株価も高値を更新していました。

ただし2015年には主要輸出品である原油の値下がりウクライナ紛争をめぐる制裁が響いたことによりロシア国内のGDPが3.7%低下したことで、合わせて株価も大幅に下落しています。モバイル・テレシステムズ(MBT)の株価は安い水準にあり、1,000円もあれば1株を購入することができます。

モバイル・テレシステムズ(MBT)の配当金の推移

権利落ち日 1株あたりの分配金
2019年07月08日 $0.6315
2018年10月05日 $0.0790
2018年07月06日 $0.7413
2017年10月12日 $0.3559
2017年07月06日 $0.5196
ねる
ねる
モバイル・テレシステムズの配当金の推移を見ると、7月には多く捻出しており、10月には少ない傾向にあるようです。

個人的な感想

おすすめ度
リスク度
利回り
リスクと利回りは相対関係にあり、リスクの大きい株はリターンも大きいが故に、株価の変動が大きいのが特徴です。ロシアは人口の多さ(現在は世界9位)、2050年にはGDP(国内総生産)世界ランキング6位という予想から、今後モバイル・テレシステムズ(MBT)の株価は伸びる可能性があるかと思います。
応援よろしくお願いします
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株式ブログランキング
参考になる書籍を紹介
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家です。米国株ブログは2019年8月頃スタート。